フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

健康

院長日誌 729 [いただきました]

もうかれこれ16年、定期的にメインテナンスに来ていただいている患者さんからのいただきもの。

転勤(と言っても都内)になる区切りにハワイに行ってきたとのことで、ホノルルクッキー。
何度かハワイには行かれている方で、ゆっくり骨休めができるのだそう。
観光とか買い物とかよりもホテルでのんびりが良いということです。
気候も28℃あったそうで、帰国時東京は冷え込みが一層厳しくなった時だったので、ちょっときつかったとか。
とは言えゆっくりできたのは良かったですね。

いつも旅行に行かれるとお土産をいただきます。
感謝です。

Dscn4750

院長日誌 728 [来年のカレンダー]

さて、先日来年のカレンダーを買ってまいりました。

Dscn4728

当院では移転して以来卓上カレンダーを利用しています。
患者さんが次回のご予約をされる時にカレンダーは必須ですから。
ただ以前使っていたような壁掛けは、今の1室には雰囲気を壊す恐れがあり、かえって小さめの方が良いかと卓上を使っているのです。
当初1000円弱くらいかと想定していたのですが、いまどきは100円均一の店で売っているのを教えてもらい、驚いています。(どんだけ世間知らず?)
というわけで100均にて購入。
108円でも見やすいし全く問題ありません。

来年は平成30年。
再来年は元号が変わるという話ですから何になるのやら。
未だに小渕元首相が「平成」という筆文字を発表したのが記憶に新しいという、そんな世代ですが、新しい元号になると昭和生まれは2時代前の人ということになりますね。
昭和生まれにとっての明治生まれの方への印象と同じようになるのかな。

光陰矢のごとし。
いくつまで生きられるのか分かりませんが、これからも頑張っていかないとね。

院長日誌 727 [効果的なラジオ体操とは?]

さて、「最近ラジオ体操をはじめました」という患者さんがいらっしゃいました。
ラジオ体操・・・NHKテレビで朝やっている例のあれです。
もうあまりにも有名なので、体操の内容はイメージが湧くと思います。

このラジオ体操、本当はとても理にかなった体操なのですが、一般的には結構勢いをつけて身体を動かす、腕を振り回すみたいなやり方をしている方が多いように見受けられるのです。しかし実は反動をつける動きはややもすると逆効果。
関節を痛める可能性もあります。

効果的な体操の仕方は、反動をつけず、筋肉に意識をしてコントロールして動かすこと。
本来動作範囲も、動かすべき範囲があるのですが、しっかりと筋肉の動きを確認、感じ取りながらおこなうと、より効果的なのです。
振り回すような体操の仕方に比べて、筋肉を動かした実感があると思います。
そうすることで、より一層体幹を鍛え、バランスの良い身体づくりができるのですね。

どうせやるのなら効果が上がった方が良いわけで、皆さんもラジオ体操の仕方、何気なく動かしているのではなく身体の動きを感じ取りながらやってみてください。
きっと効果を実感することでしょう。

身体は動かしてなんぼ!!
筋肉も関節も動かさないと劣化します。
頭(脳)もそうですが・・・。

やり過ぎはもちろんいけませんが、いつまでも元気でいられる身体づくり、実践したいものですね。

院長日誌 726 [2階、3階どんと来い!!]

さて、当院はご自宅出張施術サービスもおこなっているのですが、お伺いするご自宅の状況は様々です。
ご自宅にカーポートがついていて、停めさせていただける場合。
コインパーキングが近くになく、少し離れた所からベッドを転がして(キャリーに載せています)歩く場合。
ご自宅内でも1階のお部屋の時、2階のお部屋に階段で昇る時、そもそもエレベータが無いマンションで階段利用の時、いろいろなパターンがあります。
どんなパターンでも伺います。
階段では当然ベッドを抱えて昇り降りするわけですが、ここで私が腰等を痛めたら、何の説得力もない治療家になりますから(笑)
変な支え方、動き方にならないように細心の注意を払って移動するのです。
「大丈夫ですか?」と心配されますが大丈夫です!!

折り畳んで移動するときのベッドはこんな感じ⇓

Dscn4727


ご自宅の畳一畳分のスペースがあればベッドを広げられます。
交通の便が悪くておいでになれない時、身体が辛くて移動が大変な時、お子さんが小さくて外出が大変な時・・・お気軽にご相談ください。

出張交通費は
江戸川区・浦安市・市川市  500円
その他都区部(22区)     1000円
その他地域           1500円

施術料にプラスさせていただきますが、この金額設定は格安過ぎました。
今更ながらちょっと後悔しつつ頑張っています。
(しかも駐車スペースを提供していただける場合、つまり駐車料金がかからないでお伺いできる場合は500円割引なんて・・・)

お問い合わせ、ご相談お待ちしています。
いりかわカイロプラクティック
03-5676-2587

s-irikawa@ezweb.ne.jp

師範日誌 175 [津田沼土曜日クラス来年1月スタート!!]

ようやく、と言うかいよいよと言うか、津田沼カルチャーセンターの「健康武道 健進会」土曜日クラスが、来年1月からスタートすることになりました。

今年に入って、日曜日クラスの定員がほぼほぼいっぱいになりつつある中、カルチャーセンター店長から「土曜日にルームの空きがあるからそこにクラスを設けてはどうか?」という打診があり、それとなく会員募集をかけていたもののなかなか申し込みが無く今に至りました。
親子の入会希望があるとのことで、新年スタートは女性3名、子供2名と今のところ決まっています。
まだ募集中ですので、是非この機会に武道の世界に飛び込んでほしいと思います。

当会は競技、試合ではなく自分のペースで自分に向き合いながら切磋琢磨していく形重視の会です。
基本的な形の練習やミットによるスタミナ、筋力づくり、護身術の習得で万が一にも反応できる心身づくりをモットーにしています。
ある程度の厳しさも求めますが、ベースは個人個人のペース重視。
笑い声が聞こえるなか練習に励んでいます。

コンセプトは当会発足以来一貫して、親子、家族一緒に練習できること。
大人、子供を分けずに一緒に練習に汗し、世代を超えて分かち合うことを目標にしています。
もちろん女性おひとりでも男性おひとりでも入会可能ですから、難しいことは考えずにまずはお問い合わせ、ご見学ください。

以下、津田沼土曜日クラス詳細です。
===============================================================

場所 : 津田沼カルチャーセンター
       津田沼パルコB館3F

日時 : 月3回 土曜日
      17:00~18:50

会費詳細はセンターHPよりご確認ください

入会手続きはカルチャーセンター受付にお越しください。
お問い合わせは下記でも受けつけています。

日本健康武道協会 健進会
03-5676-2587

11月の受付カレンダー [院長日誌 725]

11月の各セラピー受付カレンダーです。

==================================

カイロプラクティック
マッスルリラックス
足圧セラピー
トコちゃんベルト着け方指導

南葛西施術室・ご自宅出張ともに
毎週日曜日・・・お休み
3日(金・祝)・・・お休み

上記以外12時~19時受付しています。
(月曜日は10時~受付)

休日の緊急対応はs-irikawa@ezweb.ne.jpまでメールをお願いします。

各セラピーとも事前にご予約をお願いします。

不定期でお休み、早めのクローズとなる場合がありますので、必ずご予約下さい。
(出張等外出することがあります。お電話はお早めにお願いします。
留守番電話の場合は必ずメッセージ(ご用件・お名前・お電話番号)をゆっくりとお話し下さい。内容により折り返しご連絡をいたします。)

南葛西施術室の場所詳細はご予約の方にご案内いたします。

======================================

ご予約・お問い合わせは
03-5676-2587
090-3516-0605

s-irikawa@ezweb.ne.jp 
(電話がつながらい時はメールをお願いします)

Dscn4538

院長日誌 724 [改めて・・・妊婦さん施術できます]

さて、過去のコラムでもたくさん書いてきていますが、当院では妊婦さんの腰痛(骨盤痛)や恥骨痛、その他マイナートラブルに対応しています。

開院して丸16年経ちますので、かなり多くの(述べ数千人程度は)妊婦さんを診てきているわけですが、
どうして痛くなるのか?
また
どうして痛くならないのか?
ということの答えはとても難しいです。
というのも、その患者さんのバックボーン・・・子供のころ(成長期)からの過ごし方、姿勢のバランス、運動歴etc...。
全てが千差万別なので、これがこうだと痛くなりませんとか、こういう方が痛くなりますという決定的な傾向が判定できないのです。

だから痛くなったら、あるいはなりそうになったらバランスを整えて症状の軽減、消失を図るとなるのですが、本来は予防対策を講じるのが吉。
症状が出ずとも、骨盤を中心とした全身のバランスを整えていくことで、マイナートラブルの予防につながるし、赤ちゃんの母体での健やかな成長にとっても良い効果があります。

先日も安定期を過ぎた妊婦さんが臀部の痛みを訴えて来院されました。
施術によってひとまず痛みや違和感はなくなりました。
ある程度のサイクルで継続して診ていくことで、より持続的な効果が得られます。

ちなみに当院では「トコちゃんベルト」の取り扱いもしていますが、着用指導も実施しています。
すでにお持ちの方、あるいはお友達から譲ってもらって持っている方でも、着用指導のみ受付していますので、正しい使い方ができるようしっかり覚えていただくことをお勧めします。

妊娠中で気になる症状があるという方
産後の骨盤が気になるという方も
お気軽にご相談ください。

妊娠中・産後のご相談は いりかわカイロプラクティック
03-5676-2587
s-irikawa@ezweb.ne.jp

ご自宅への出張も可能です。
ご相談ください。

師範日誌 174 [キレやすい日本人]

最近の日本人はとてもキレやすくなってきていると感じます。
車のあおり運転や電車内外での口論、暴力行為、道を歩いていても肩が触れたの触れないのと言って殴りかかったり、と。

昔の日本人はもう少し心にゆとりがあった気がします。
おそらくそれは高度成長期で人びとが、やればやっただけ成果が実感できたり頑張り甲斐がある世の中で生活していたからで、自分の人生にちゃんと目を向けることができる社会だったからではないかと思います。
他人に不満を抱く必要がないのです。
そんなことより自分自身の生活を高めていきたいという欲求のほうが勝るから、エネルギーの矛先は自ずと自分自身(あるいは家族)になる。
だから他人がストレスのはけ口にはならないのです。

転じて現在の社会はどうか、
経済状態は上昇という政府のふれこみはあっても、それを実感している一般庶民はほとんどいない。
頑張っても先が見えないし、半ばあきらめの人生になっています。
多くの不満要因が溜まっている状態で、いざそのガス抜きをどうやってやるか。
赤の他人にストレスをぶつけるしかなくなっているのではないでしょうか。

車に乗っていると時々無謀に周りも見ずに走っている自転車に出くわします。
交差点でも確認もしないで平気で走ってくる。
まるで車に轢かれたら保険金、賠償金取れるでしょ、くらいの勢いです。
もはや人生捨ててるのかなと思ってしまう。

今は人生を大切にして希望を持って暮らしていくという世の中ではなくなってしまったんですね。
なんともはや悲しい社会です。

これは自然発生的にそう変わってきたのではなくて、政治のかじ取りが間違った方向に日本人を進めさせていると言わざるをえません。
多くは教育の質の問題であろうと思いますが、それも元を正せば政策次第のことです。

折しも現在、選挙の真っ最中です。
日本人1人ひとりがどういう日本を築いていきたいのかというビジョンを持って投票をすべき。
キレやすく好戦的で戦争やむなしという日本の未来を若い世代に手渡すのか、はたまた世界に向けて戦争はいけませんよ、大きな傷跡を残して多大な犠牲が待っているものなのですよ、と原爆被害国としての理性的な立場を貫いていくのか。
私自身は後者の立場で世界の役に立つ日本であってほしいと願うばかりですが、どうも日本人は現状のその先にある問題をしっかり見据えていない気がしますね。

キレて得することは何もないのです。
日本人全体がそのことにしっかり向き合って理解できる民族にならないと、成熟した社会はつくれない。
いち時期流行った「おもてなし」や「優しさ」「親切心」を忘れかけている日本人。
大切にする心持ちとは何かを、今一度考え直したい、考え直してほしい、と思います。

院長日誌 723 [足は健康ですか??]

さて、皆さんは足で健康を踏みにじっていないでしょうか?

って意味がわからないとおっしゃる方が多いと思いますが、健康にとって足が大事だよというお話です。

外反母趾で、最近片足の親指付け根が痛くなってきたという患者さん。
全身の調整に含めて足への施術をし、足の体操をアドバイスしたところ、後日痛くなくなったとのこと。
で、足と健康との関係について話をしたのですが、その内容は結構現代人の多くがないがしろにしていることなので、このコラムでもお伝えすることにしますね。

すっかり欧米型のライフスタイルになってしまった現代日本人。
靴を履いている時間が長く、しかもその靴はファッション性重視でほとんどの場合足にストレスをかけています。
なおかつ家庭内でも靴下やスリッパを使い、イスやソファーの生活。
足首から先をしっかり使っていないのです。

するとどういう変化が起きるか?
足首から先が固くなる・・・つまり各関節の動きが固着してきて筋肉や腱がしっかり機能することができなくなってきます。(ここでは細かい骨格・関節・筋肉の説明は省略します)
皆さん、足の裏を床につけたまましゃがめますか?
また、足指ジャンケンはできますか?
足裏を床につけてしゃがむと後ろに倒れてしまう人。
しっかりパーが出来ない人(親指~小指までしっかり左右に開かない人)は要注意!!
これは足の問題だけにとどまらず、全身の健康状態に影響を与えることなのです。
つまり、人間は二足歩行を始めてから二本足でバランスを取りながら、内臓や脳を守り、機能を維持するという進化を遂げてきました。
さらに心臓から一番遠い足の血流状態が、心臓に血液を戻す静脈血の流れを維持しているのです。

ということは足が固くなって関節や筋・腱の動きが悪くなると、身体全体の健康状態に悪影響を及ぼす恐れがあるということ。
それくらい足の健康は重要なんです。

だから足首、足指の体操!!
これは大事だし、素足になることも大切。
足の指をちゃんと使って床を掴むように歩いてみましょう。
冷え性対策にも非常に有効です。

ところで子供たちのはだし教育。
これは昔から私は提唱していますが、子供の健康、成長、そして大人になってからの健康にとても有効です。
くれぐれも幼稚園や保育園で上履きなんか履かせないでほしいですね。
そういう所は10年後、20年後の子供の成長を見据えてないと言わざるをえません。

是非足の健康、考えてみてくださいね。

↓私のそんなにきれいじゃない足ですが(笑)サンプル。
  パーとグーです。(チョキは割愛)
  ちなみに私は30年以上、空手の時は当然はだしですが
  その道中は雪駄。冬でも雪でもはだしに雪駄です。

Dscn4689_2

Dscn4690_2


院長日誌 722 [早っ!!今年も後半です]

さて、10月も半ばにさしかかろうという、このスピード感。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

買い物に行くと早くも“年賀状印刷申し込み受付中”とか“おせちご予約受付中”とかのぼりを目にするようになりました。
11月に入ると郵便局での年賀状発売が始まるわけで、これはもう年末に向けて気持ちを引き締めろよって言われてる気がしてなりません(笑)

衆議院選挙の告示が始まり、街宣の声も聞こえます。
日本が危ない方向に向かおうとしている中、国民としてどういう立ち位置の日本であるべきか、をしっかりと自分で考え行動する必要があります。
有権者は必ず投票をすべきでしょう。(棄権はありえませんね)

当院は引き続き、というか相変わらず自宅の一室施術室で、そして時々ご自宅への出張で、患者さまの様々な症状に対応しております。
これはコツコツと黙々と?続けていくのであります。

出張は個人宅のみならず、企業様の従業員健康管理という側面においても承っております。
定期的な心身のメインテナンスをおこなうことで、作業効率やモチベーションのアップにつながります。
定期契約についての料金は別途ご相談させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

話は変わりますが、たぶん来年いっぱいで平成は終わり、ですかね。
平成をしっかり生きていこうと思います。
みなさまも日々の生活が充実し、心身ともに楽しく過ごされますように・・・。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ