フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

育児

師範日誌 173 [ダメだしも大事]

最近は子供の人数が増えている健進会ですが、意識している指導のポイントがあります。
小学生の低学年くらいまでは、まだ集中力が続かず稽古が長く出来ないことが多いのです。
そんな時はちょっと遊びの要素を加えたりして、とにかく褒めることを中心にしていきます。
そこそこ年数が経ってきた子供たちは、少し厳しい言葉かけをしていきます。
ある程度基礎を稽古してきている段階では、次のステップに進んでいくために苦手な部分を見つめ直すことが必要だからです。
さらに上を目指している子供には、もっと細かい指示を出します。

先日の稽古では形の稽古を集中的におこなった子供がいました。
何となく形は出来てきているけれども、まだまだピシッと決まっていない感じ。
当然細かいアドバイスをして、繰り返し練習します。
形はもちろん基礎の稽古は、1度出来た気になってもそれは出来ていることにはなりません。
何百回と練習して初めて身体が覚えていくものです。
なので繰り返し練習することがとても大切なのですが、えてして子供はこの繰り返しが得意ではないのです。
だから口を酸っぱくしてもダメだしをします。
子供は泣きそうにもなります。
でもそれを乗り越えることは絶対に必要です。
でなければ、ちゃんとした大人になれないから。
もちろん良くなった所は絶賛します。
悪いところオンリーではなく、良いところも必ず伝えるのです。

一方的に批判するのではなく、上手になるための熱い思いを伝えながらウィークポイントを指摘していくことが大事なんだと考えています。
要はダメだしの仕方・・・でしょうか。
それが出来た時の自信につながるのだろうと思うのです。

ちなみに、そのアドバイスを教えている指導者が体現できなければならないのは言うまでもありませんが。

大人も子供も夢中になれる時間。
それが武道の時間です。

師範日誌 172 [ひとまわり成長した子供たち]

江戸川区は夏休みが終わるのが早く、もう今週25日は始業式らしい。
今年の夏休みは子供たちにとって、どうも不完全燃焼だったようだが(天候がこんな具合じゃ仕方ない)、それでもそれぞれに楽しく満喫したに違いない。

先日20日、4週間ぶりの稽古にやってきた子供たち。(もちろん大人もいる)
何だかひと夏を終えてお兄さん、お姉さんになった気がする。
稽古をしている時の眼つき、向き合う姿勢、おふざけモードで集中力を今ひとつ欠いていた子たちが真剣にやっている。
小学生にとってはまだ気が早いが、「あぁ、こうやって大人への階段を一歩一歩進んでいくんだな」といった感慨のようなものを感じたのだ。
いろいろなことを経験していくだろう。
信じること、裏切られること。
うまくいくこと、いかないこと。
自信を持てること、思い悩むこと。
多くの道のりがごっちゃになって現れるのが人生だ。
時には立ち止まって考えることが必要になるだろうし、後ろを振り返って確認することも出てくる。
でもいつかまた、ゆっくりと歩き出す。
そんな時に寄り添っていける大人でいたいと、私は思っている。

今年もあと4ヶ月ちょっと。(どう考えても1年早すぎる)
来年に向けての子供たちの成長が楽しみだ。

Dscn4180

院長日誌 715 [当院は正直隠れ家です]

さて、検索サイトなどの口コミ評を見ていると、ちょくちょく当院の場所が駅から遠いとか、分かりづらいとか、普通のマンションなので入口がわかりづらいというお言葉を目にします。
実際にはその通りです。

葛西駅からは歩くと約17分程度→歩くのがつらい場合は西葛西駅からバスに乗るのが便利です。
場所がわかりづらい→当院は通りすがりに来ていただく院ではありません。たとえばメンタルクリニックなどでカウンセリングが完全予約制なのと同じで、つらい症状、なかなか良くならない症状を改善するために来ていただく院ですので、完全予約制にしています。ですので事前に調べておいでいただくことをお勧めします。なおお電話でのご質問には丁寧にご案内しています。わからなくなったらお電話を!!
普通のマンションの入口でわかりづらい→どうやらグーグルマップで地図を見ると裏口の方にピンが立っているようです。それで裏口に行ってしまう事例が数件ありました。お近くまでおいでになった時点でご連絡いただくとスムーズです。
一見さんには対応していませんので、道路に向けて看板も出していません。

知る人ぞ知る院で十分だと考えています。
その分結果を出すことに重きを置いております。
初めての時は迷っても二度目はもうお分かりのはずですから、分かりづらいのは1回目だけ。ご了承ください。

なお、口コミ投稿される方の中にはそれで報酬を得ている方もおいでのようです。
そういう方は必ず領収書を持っていかれます。
特に拒否することはないのですが、結局しっかりとご自分の身体を治すことが目的ではなく来院されるのは少し残念な気がします。

当院は患者さんそれぞれの健康人生を陰ながらサポートすることをモットーにしていますので、人知れず佇む隠れ家で十分なのです。
私はそういう立ち位置でみなさまのお役に立てればと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

院長日誌 714 [出張施術が続きました]

さて、本来の業務であるカイロプラクティックに関する話題が久しぶりの当コラムですが、粛々と続けております。
どこかの政治家や官僚のように記録しておりませんとか、破棄しましたとか、記憶にありませんなどとお間抜けなこともなく仕事しています(笑)

お盆の間はずっとお休み・・・だったわけはなく、意外と急患の出張対応をしていました。
小学6年生の腰痛とか、旦那さんのぎっくり腰、中学生の姿勢バランスチェックなどなど。
必須アイテムの折りたたみ式携帯カイロベッドを車に積み込み、馳せ参じるという形です。

いずれの方もしっかり結果は出せまして、動くのもつらい状態は通常に歩けるように。
またできるだけ繰り返さないように気をつけるべきポイントなどもお話し、一定の成果は上がりました。

梅雨時期はお天気続きで暑かったのに梅雨が明けたら梅雨空続き。しかも気温がやや下がって、しかし蒸し蒸しという、つかみどころのない天候でしたが、みなさんそれぞれに良い時間を過ごされたのではないでしょうか?
でも疲労が回復したかというと以外にもさにあらず。
休み疲れというものが存在します。
長時間のドライブでも腰をはじめ身体には相当な疲労が蓄積されています。

もしも「腰が重いなぁ」とか「痛くなりそう」「肩や首が張っていて・・・」など違和感を感じている方がおいででしたらご相談くださいね。
早めの対処がおススメです。

南葛西の施術室もしくはご自宅、職場等への出張で対応します。
いりかわカイロプラクティック
03-5676-2587

s-irikawa@ezweb.ne.jp

師範日誌 171 [津田沼・両国・西葛西稽古場 会員募集中!!]

健康武道 健進会は、空手・護身術を健康維持増進のため、身を守るために習得していく武道の会です。
サムライの時代から伝わる古武術の技を踏襲しつつ、現代の身体づくりに合わせてアレンジすべきところはアレンジし、女性や子供も楽しみながら覚えていくことができます。

空手は非常にバランスのとれた動きです。
稽古を継続していくことで姿勢のバランスを整え、内臓諸器官を鍛え、健康体へと近づけていく・・・そんな効果が期待できるのです。

津田沼稽古場。
月3回、日曜日の午前中、津田沼パルコ内の津田沼カルチャーセンターで稽古しています。
また月3回土曜日の夕方クラスも開講準備中で、募集しているところです。

両国稽古場、西葛西稽古場でも新規会員募集中です。

両国稽古場はスペースが限られますので、定員になり次第募集終了します。
両国界隈にお住まいの方、また仕事帰りに寄れるという方、お待ちしています。
毎週木曜日、18:30~20:00の稽古。
両国駅西口から近くです。

西葛西稽古場は、当会本部稽古場となるところです。
江戸川区スポーツセンターで稽古をおこなっています。
スペースが広いため、会員はまだまだ随時募集しています。
のびのびと練習していただけます。

いずれも主席師範である私が中心となり、指導員を含めて指導しています。

武道と言えどもスポーツ感覚。
スポーツ感覚だけれどもしっかり武道。
健康づくりに最適です。
また、姿勢や立ち居振る舞いがしっかりするのでビジネスにも役に立ちますね。

詳細はホームページをご覧ください。
日本健康武道協会 健進会ホームページ

お問い合わせ・入会申し込みお待ちしています。
見学・体験も歓迎ですよ!!

師範日誌 170 [早13年の会報です]

私が主宰している「健康武道 健進会」では13年の間、会報「健進会通信」を隔月発行しています。
この13年で内容は若干変わってきてはいますが、基本スタンスは同じです。

稽古日などの連絡事項はもちろんのこと、「マイヘルス・マイライフ」という健康をテーマにしたコラム、「心技体」という武道に関するコラム、春と秋の親睦会の後は写真アルバムを、といった具合です。
過去には旬の食材を使ったレシピ集なんかも載せていました。

なかなか編集作業が大変な時もありますが、武道の会に来ている会員たちに、日頃の稽古だけではなく文章(活字)から読み取っていただく知恵袋的な役割が果たせたらなぁ、と2ヶ月に1回苦戦しているわけですね。

自分でも13年間よく続いているな、と思うのですが、ここまで来るとやめるというわけにはいかない・・・。
出来る限り継続していきたいと考えています。

5月発行の「健進会通信」の印刷を終えて、これから綴じていきます。
今号は4月に開催した「春の親睦会」の写真集が1~2ページを飾っています。
良い思い出にしてもらえたらと思います。

Dscn4648

院長日誌 705 [産後の骨盤ケア 15年]

久しぶりのコラム更新となってしまいました。

新年度を迎えて新たなる一歩を踏み出したという方もいらっしゃるでしょう。

出産を経て初めての子育てを開始した新米ママさんも多くいらっしゃると思います。(この時期に限ったことではないのですが)

妊娠中や産後の母体にとって骨盤のケアは非常に重要、というのは今や常識となりつつありますね。
私が妊婦さんや産後のママさんの対応を始めたおよそ15年ほど前は、まだ骨盤の重要性が認識され始めたくらいの時代でした。
当然マタニティ関連業界でも、さらに医学界でも、これからそれを広めていこうというタイミング。
だからこそこのブログでもずいぶん多くの妊婦さん関連、産後ケア関連のコラムを書きました。
参考にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

思えば、あの頃にケアに関わらせていただいた患者さんのお子さんは、もう中学生とか高校生になろうかというお年頃です。
年月が経つのは早いものです。

最近では妊婦さん向け、あるいは産後のママさん向けの治療・施術をする施設も増えました。
当院でももちろん、継続して診せていただいています。

ママさんの身体の調子は直接子育てに結びつくのですから、とても大事なことなのです。
東京メトロ東西線の葛西駅から少し離れた自宅の一室を施術室としていますので、ちょっと不便かもしれませんが、ご希望の場合は駅まで車で送迎も。
またご自宅への訪問施術もできますので、ご相談いただければと思います。

詳しくはホームページを見てくださいね。

師範日誌 169 [津田沼で空手・護身術、体験会です]

日本健康武道協会 健進会では
4月からの津田沼土曜日クラス開講に先立ち、体験会を実施します。
4月1日(土)17:00~18:50

詳細は津田沼カルチャーセンターHPをご覧ください。
(体験会お申し込みは土曜日正午までにお願いします)

師範日誌 168 [津田沼土曜日クラス募集!!]

津田沼カルチャーセンターで月3回日曜日の午前中、開講している当会ですが、4月から新たに土曜日クラスを開講する予定です。

空手・護身術で心身共に健康で丈夫な日々を過ごしませんか?
発足以来15年、本格的な武道の修行でありながら、和気あいあいと楽しく(ちょっと厳しく)焦らずコツコツと続けています。
親子一緒に練習できることも好評をいただいています。

月3回土曜日、17:00~18:50

新会員大募集中!!
詳細は津田沼カルチャーセンターHPをご覧ください。

院長日誌 703 [妊婦さんは出張で]

さて、妊婦さんの施術のためにご自宅にお伺いしているのですが、伺うためにみるみる大きくなるお腹にちょっと感激です。(当たり前なのですが)
おふたりめのお子さんなのでお腹が大きくなるのがとにかく早い。
そして前に突出する感じが顕著で、やはりおふたりめならではです。

当初は腰痛等がでやすい状態で、首の寝違いがあったりしたのですが、今はとても順調。
上のお子さんも弟を楽しみにしているようで、「おっちゃん(おとうとのおです。)」と名前を付けておもちゃを用意しているそう。
何とも微笑ましいですね。

そんな親子の様子にホントに癒されます。

妊婦さんの出張施術の際には特殊なクッションを持参し、うつぶせの体勢を実現します。
これ、結構楽ですよ。

腰がつらいとか、背中や肩・首がつらい、また骨盤の状態が気になるといった方は是非ご相談ください。
多くの妊婦さんを診てきた実績あるカイロプラクティックです。

詳しくはホームページをご覧ください。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ