フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Twitter

« 6月の受付カレンダー [院長日誌 737] | トップページ | 7月の受付カレンダー [院長日誌 738] »

師範日誌 181 [平成30年前期昇級審査が終了]

師範日誌としては久しぶりの更新となる。
(実は院長日誌も更新がままならないが)

5月末に今年前期の昇級審査を実施した。
結果はそれぞれ、課題がみつかりそれを踏まえて総評という形で伝え、次回の挑戦に備えていただく。見事に希望する級位に合格した人、昇級はしたが申請の級位には至らなかった人、そして残念ながら合格できなかった人。全員に総評を書き、認定者には認定証を手渡す。それは6月9日、10日だ。

当会では現級位からふたつ上の級までを受検できる。
例えば現在8級であれば7級もしくは6級を受けられるというわけだ。
無論級位が上がれば審査内容は増えるから、自分の錬度に応じて自己申請をして受検をする。その内容がしっかりできていることを前提に、稽古の時の立ち居振る舞い等も判断材料として審査結果を出すのである。
当然、上級位になればなるほど稽古時の集中力、熱心さを含めた立ち居振る舞いが要求されるので、単純に審査内容(形など)が出来ているからと言ってハイ合格とはいかない。
それは少年級位であっても同じだ。

今回の審査では、特にその部分を重要視して結果を出した。
なかなか厳しい結果だとは思うが、その結果を受けて「自分がどのようなおこないをしたら良いのか」「健進会の一員としてどうあるべきか」をしっかりと考えて実践できるようにしてほしいと思う。

単なる形が上手とか蹴りが強いとかの者ではなく、人間力を向上させるための訓練の場として当会を活用してほしいと願うばかりだ。

Dscn4810

« 6月の受付カレンダー [院長日誌 737] | トップページ | 7月の受付カレンダー [院長日誌 738] »

スポーツ」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/66793313

この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌 181 [平成30年前期昇級審査が終了]:

« 6月の受付カレンダー [院長日誌 737] | トップページ | 7月の受付カレンダー [院長日誌 738] »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ