フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 722 [早っ!!今年も後半です] | トップページ | 師範日誌 174 [キレやすい日本人] »

院長日誌 723 [足は健康ですか??]

さて、皆さんは足で健康を踏みにじっていないでしょうか?

って意味がわからないとおっしゃる方が多いと思いますが、健康にとって足が大事だよというお話です。

外反母趾で、最近片足の親指付け根が痛くなってきたという患者さん。
全身の調整に含めて足への施術をし、足の体操をアドバイスしたところ、後日痛くなくなったとのこと。
で、足と健康との関係について話をしたのですが、その内容は結構現代人の多くがないがしろにしていることなので、このコラムでもお伝えすることにしますね。

すっかり欧米型のライフスタイルになってしまった現代日本人。
靴を履いている時間が長く、しかもその靴はファッション性重視でほとんどの場合足にストレスをかけています。
なおかつ家庭内でも靴下やスリッパを使い、イスやソファーの生活。
足首から先をしっかり使っていないのです。

するとどういう変化が起きるか?
足首から先が固くなる・・・つまり各関節の動きが固着してきて筋肉や腱がしっかり機能することができなくなってきます。(ここでは細かい骨格・関節・筋肉の説明は省略します)
皆さん、足の裏を床につけたまましゃがめますか?
また、足指ジャンケンはできますか?
足裏を床につけてしゃがむと後ろに倒れてしまう人。
しっかりパーが出来ない人(親指~小指までしっかり左右に開かない人)は要注意!!
これは足の問題だけにとどまらず、全身の健康状態に影響を与えることなのです。
つまり、人間は二足歩行を始めてから二本足でバランスを取りながら、内臓や脳を守り、機能を維持するという進化を遂げてきました。
さらに心臓から一番遠い足の血流状態が、心臓に血液を戻す静脈血の流れを維持しているのです。

ということは足が固くなって関節や筋・腱の動きが悪くなると、身体全体の健康状態に悪影響を及ぼす恐れがあるということ。
それくらい足の健康は重要なんです。

だから足首、足指の体操!!
これは大事だし、素足になることも大切。
足の指をちゃんと使って床を掴むように歩いてみましょう。
冷え性対策にも非常に有効です。

ところで子供たちのはだし教育。
これは昔から私は提唱していますが、子供の健康、成長、そして大人になってからの健康にとても有効です。
くれぐれも幼稚園や保育園で上履きなんか履かせないでほしいですね。
そういう所は10年後、20年後の子供の成長を見据えてないと言わざるをえません。

是非足の健康、考えてみてくださいね。

↓私のそんなにきれいじゃない足ですが(笑)サンプル。
  パーとグーです。(チョキは割愛)
  ちなみに私は30年以上、空手の時は当然はだしですが
  その道中は雪駄。冬でも雪でもはだしに雪駄です。

Dscn4689_2

Dscn4690_2


« 院長日誌 722 [早っ!!今年も後半です] | トップページ | 師範日誌 174 [キレやすい日本人] »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 723 [足は健康ですか??]:

« 院長日誌 722 [早っ!!今年も後半です] | トップページ | 師範日誌 174 [キレやすい日本人] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ