フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 723 [足は健康ですか??] | トップページ | 院長日誌 724 [改めて・・・妊婦さん施術できます] »

師範日誌 174 [キレやすい日本人]

最近の日本人はとてもキレやすくなってきていると感じます。
車のあおり運転や電車内外での口論、暴力行為、道を歩いていても肩が触れたの触れないのと言って殴りかかったり、と。

昔の日本人はもう少し心にゆとりがあった気がします。
おそらくそれは高度成長期で人びとが、やればやっただけ成果が実感できたり頑張り甲斐がある世の中で生活していたからで、自分の人生にちゃんと目を向けることができる社会だったからではないかと思います。
他人に不満を抱く必要がないのです。
そんなことより自分自身の生活を高めていきたいという欲求のほうが勝るから、エネルギーの矛先は自ずと自分自身(あるいは家族)になる。
だから他人がストレスのはけ口にはならないのです。

転じて現在の社会はどうか、
経済状態は上昇という政府のふれこみはあっても、それを実感している一般庶民はほとんどいない。
頑張っても先が見えないし、半ばあきらめの人生になっています。
多くの不満要因が溜まっている状態で、いざそのガス抜きをどうやってやるか。
赤の他人にストレスをぶつけるしかなくなっているのではないでしょうか。

車に乗っていると時々無謀に周りも見ずに走っている自転車に出くわします。
交差点でも確認もしないで平気で走ってくる。
まるで車に轢かれたら保険金、賠償金取れるでしょ、くらいの勢いです。
もはや人生捨ててるのかなと思ってしまう。

今は人生を大切にして希望を持って暮らしていくという世の中ではなくなってしまったんですね。
なんともはや悲しい社会です。

これは自然発生的にそう変わってきたのではなくて、政治のかじ取りが間違った方向に日本人を進めさせていると言わざるをえません。
多くは教育の質の問題であろうと思いますが、それも元を正せば政策次第のことです。

折しも現在、選挙の真っ最中です。
日本人1人ひとりがどういう日本を築いていきたいのかというビジョンを持って投票をすべき。
キレやすく好戦的で戦争やむなしという日本の未来を若い世代に手渡すのか、はたまた世界に向けて戦争はいけませんよ、大きな傷跡を残して多大な犠牲が待っているものなのですよ、と原爆被害国としての理性的な立場を貫いていくのか。
私自身は後者の立場で世界の役に立つ日本であってほしいと願うばかりですが、どうも日本人は現状のその先にある問題をしっかり見据えていない気がしますね。

キレて得することは何もないのです。
日本人全体がそのことにしっかり向き合って理解できる民族にならないと、成熟した社会はつくれない。
いち時期流行った「おもてなし」や「優しさ」「親切心」を忘れかけている日本人。
大切にする心持ちとは何かを、今一度考え直したい、考え直してほしい、と思います。

« 院長日誌 723 [足は健康ですか??] | トップページ | 院長日誌 724 [改めて・・・妊婦さん施術できます] »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌 174 [キレやすい日本人]:

« 院長日誌 723 [足は健康ですか??] | トップページ | 院長日誌 724 [改めて・・・妊婦さん施術できます] »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ