フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« 院長日誌 662 [そもそも自転車は危ないのです] | トップページ | 院長日誌 663 [日々雑感] »

師範日誌 157 [健康武道は1日にして成らず]

「健康武道は1日にして成らず」・・・

健康もそうだし、武道も然り、です。

健康武道 健進会の稽古に興味があって見学や体験に来られる方が時々いらっしゃるのですが、私自身感じるのは、すごく簡単にできるように思っている方が多い気がするということ。
まぁコテコテの空手だったら厳しい稽古がありそうだし、健康武道というと何だか体操のようにすぐにできるようなことをするんじゃないか?
そういう印象があるのかもしれませんが・・・。

全然そうではなくて、内容はしっかり空手・護身術です。
でも組手主体のように試合をやったり勝ち負けを競ったりということではなく、自己鍛錬のために自分と向き合うというスタンスなのです。
だから空手の基本の形を通して心身の成長を促していくし、危険が迫った時の対処法も真剣モードで練習します。
空手の基本の形といっても、すぐにできるものではありません。
初めての人はまず筋力がもちません。
正しくそれなりのかたちまで到達するには数カ月から1年程度はかかるし、それをより高いクオリティにしていくのに完成時期はありません。
ずっと訓練なのです。
武道とは、その訓練のプロセスを通して自己を高めていく方法論なのですから。

当会はご家族で是非!! と謳っていますが、そのわけは子供だけけしかけてやらせていても大人が出来ないからです。
そんな立派な大人はいないし、子供がやることくらい大人もできると思うのは完全に思いあがり。
逆に大人の方が覚えは悪いのです。
でもそれを一生懸命練習して続けていく姿を、子供に伝えることが大切です。
そういう大人を見て育てば、子供は人生に真剣に向き合えます。
また、長く続けているものがひとつでもあれば、それが確固たる自信につながるのですね。

それを子供に伝えるのは大人の責任。
他力本願ではなく親自身の責任なのです。

私たち指導者は、その道標を示しながらも自ら人生の訓練途中なのです。

もし入会を考えている方がいらっしゃるようなら、これだけは言いたい。
真剣に来て下さい。
そして真剣に続けたら、絶対に大人も子供も変わっていくことをお約束します。

健康も武道も1日で何かが変わることはありません。
でも続けていけば、必ず成果が表れる。
心身ってそれほど正直に出来ているんです。

« 院長日誌 662 [そもそも自転車は危ないのです] | トップページ | 院長日誌 663 [日々雑感] »

スポーツ」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/63609414

この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌 157 [健康武道は1日にして成らず]:

« 院長日誌 662 [そもそも自転車は危ないのです] | トップページ | 院長日誌 663 [日々雑感] »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ