フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« 師範日誌 156 [道衣の効能] | トップページ | 院長日誌 661 [GWしょっぱなにやっちゃいました!] »

院長日誌 660 [季節の変わり目の頭痛]

さて、春になって気温が上がったり下がったり。
三寒四温とはよく言ったもので、気温の変化とともに気圧の変化も日々おきながら徐々に梅雨のシーズンへと向かっていきます。

おそらく現代人は昔の人に比べると、こういった気候の変化に弱いのではないかと思います。
それは季節を感じながら生活をする機会が無くなってきているから。
旬の食材をいただいたり、身体を十分に休めたり、ということが少なく、逆にオフィスワークなどで筋肉や神経の緊張を強いられ、身体を動かすことも減り、年中出回る食材を摂っています。
常に携帯端末を操作していると首から肩、腕まで過労状態になります。
このような生活パターンでは、季節の変化に身体がついていけるわけがありません。
特にひどい方は、頭痛・頭重感まで症状が悪化してしまいます。

そんな時は、温かい食事とお風呂を試してみてください。
なんだ当たり前な、と思うかもしれませんが、意外と出来ていないことですよ。
野菜はスープにしたり、肉や魚も香辛料を上手に使って身体を内側から温めるのです。
そしてゆっくりお風呂に浸かる。
腰湯程度でも構いません。
熱すぎないように湯温に気を付けて、ゆったりと楽しんでください。
入浴剤やエッセンシャルオイル、バスソルトを使うのも良いでしょう。

そうするとお風呂から出る頃には身体が楽になっているはずです。

季節の変わり目の頭痛は過緊張による血管の収縮が原因になることが多いのです。
だから緊張を緩めてあげる・・・。
自分の身体にやさしい心遣いを。
そうすれば家族や友人にも笑顔でいられますよね。

日中の気温の上がり方とは裏腹に夜は結構冷えてきたりします。
体調を崩さないように、季節の変化を乗り切りましょう。

« 師範日誌 156 [道衣の効能] | トップページ | 院長日誌 661 [GWしょっぱなにやっちゃいました!] »

カイロプラクティック」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/63545598

この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 660 [季節の変わり目の頭痛]:

« 師範日誌 156 [道衣の効能] | トップページ | 院長日誌 661 [GWしょっぱなにやっちゃいました!] »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ