フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 657 [いえいえ品行方正じゃないんです] | トップページ | 院長日誌 658 [エコノミー症候群] »

師範日誌 155 [日本はいろんな意味で安全ではないのだ]

昨夜、熊本で大きな地震が起きました。
被害の詳細が報じられるたび、胸が痛みます。
亡くなられた方々には深くお悔やみを申し上げます。
また、怪我をされた方や被害に遭われた方々には、早期回復、復興をお祈り申し上げます。
しばらくは余震が続くとのこと。
今後無事に終息することを願うばかりです。

日本は自然災害の国です。
地震大国であり、台風の通り道でもあります。
あわせて火山大国でもあり、海に囲まれている地理上、大潮や津波の災害は免れません。

様々な対策がなされている、あるいはなされつつあるとはいえ、やはり人間は自然の前では無力です。
自然に逆らうことはできないのです。

今まで人間は、多くの自然の摂理を捻じ曲げて反映してきました。
そのおかげでいろいろと便利な世の中にはなりました。
しかし、その自然に対して、そろそろ真摯に向き合わなければならないのではないか、と思います。

人間にとっての脅威はこういった自然災害だけではありません。
今、結核が流行ってきていると報道され始めました。
しかしこれは今に始まったことではありません。
ずいぶん前から、結核の患者は出始めています。
ある学校担当医の話だと、専門学校の健診では必ず結核の患者が出るそうです。
(この話を医師から聞いたのは7、8年も前のことです)
結核は法定伝染病ですから、保健所の管轄です。
患者本人は必ず入院(隔離)治療。
患者周辺の人(家族や学校、職場など接触する可能性がある人)は必ず検査を受ける必要があります。
飛沫感染しますから、拡大しやすいのです。
なおかつ大きな問題は、結核診断を経験していない医師が増えていること。
病院を受診した時の誤診、見逃しが多いのです。
風邪と診断されて処方薬を出されるも全く効かず、何件も病院を受診して病状が悪化して初めて結核と診断されるケースが多いと聞きます。
余談ですが、咳がなかなか治まらない症例では肺がんのケースもあります。
これは私の過去の患者さんのご家族でのケースでした。
咳がなかなか止まらず、風邪の処方薬も効かず、改めて詳しい検査をしたら肺がんの末期だったということです。
その方は治療の末、残念ながら亡くなりましたが、咳を侮ってはいけないということです。

日本人は日常から様々な脅威にさらされています。
それは国際問題に対処するどころの話ではなくて、国内で常に安心・安全は脅かされているのだということを意味します。
そういう意味で今の政治の在り方は中心に据えるべき問題を履き違えています。

私たち庶民は、そういう国に暮らしているのだという意識を忘れてはいけないのだと思います。

« 院長日誌 657 [いえいえ品行方正じゃないんです] | トップページ | 院長日誌 658 [エコノミー症候群] »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌 155 [日本はいろんな意味で安全ではないのだ]:

« 院長日誌 657 [いえいえ品行方正じゃないんです] | トップページ | 院長日誌 658 [エコノミー症候群] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ