フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 650 [恥骨痛 劇的改善] | トップページ | 院長日誌 651 [新年度だ!!] »

師範日誌 151 [筋が通った人間]

私は筋が通った人間でありたいと思います。

かねてから日本人は礼儀正しいとかルールを守るとかよく言われますが、実は私はそうは思いません。
日本人でありながら日本人批判をするのは矛盾しているかもしれませんし、私自身どうなのかという問題にもぶち当たりますから、もちろんこれは自戒も込めてのコラムということになります。

ずいぶん前・・・私がまだ20代か30代前半くらいの話ですが、車で走っていて信号で止まった前の車から突然ティッシュの箱が投げ捨てられたことがありました。
当然後方で見ていた私は、あまりの常識外れの行動に呆れ、車を降りてその捨てられた空き箱を「落し物だ!!」と言って車に投げ入れました。
すると信号が青に変わって走り出したその車からあろうことか再びそのゴミが投げ捨てられたのです。
さすがに唖然としました。

今でも車で国道などを走ると、ドライバーが投げ捨てたのだろうゴミの山がそこかしこに散見され、嘆かわしく思います。

道を歩けば、以前よりは多少減ったとはいえ未だにタバコなどのポイ捨てを見ます。

私が住む葛西の駅前は大規模な地下駐輪場ができ、昔より放置自転車が減りましたが、それでも某古本リサイクル店の前には自転車が溢れ、歩道をベビーカーが通ることはできません。
歩道にどこかの店が看板を置けばすぐに撤去せよと連絡が来ますが、自転車はなす術もないようです。
先日はその古本店に歩道が通れない旨伝えて、その後店員が自転車整理を懸命にしていたようですがそれも大変です。
何せ必ずしも来店客のものとは限らないからです。
そこに何食わぬ顔で駐輪して駅に向かうバカ者もいます。

駅周辺のマンションなどに勝手に立ち入って自転車を止めて通勤している、これまた大バカ者もいます。

駅や電車内でご丁寧なアナウンスが流れます。
「並んでご乗車・・・」とか「白線の内側に~」とか「スマホ・携帯を見ながらの歩行は・・・」などなど。
これらはつまり、こと細かくルールや常識を伝えていないと日本人は守ることができない、ということだと言えます。
昔からこう言ったモラル感が欠如していたのかどうかわかりませんが、とにかく私が育ってきた時代以降、このような常識のなさは少なからず存在していたのです。
ただしもちろんすべての国民に当てはまることではありません。
多くの人々は当たり前のことを当たり前に考え行動して過ごしているはずです。

ただ一部でもこういう国民がいるわけですから、一方を向くように何かの力で仕向けることなど簡単なのだろうと思います。
シビリアンコントロールが概ね悪い方向に進むパターンですが、「自由」がいつしか「勝手」になり、それを「規制」する必要が出て「統制」となり「抑圧」を生む。
一見自由勝手で楽しい生活を送っているようですが、その先にあるのは国民が自分で自分の首を絞める社会なのです。

だからこそ自制の念、自己制御の必要性があるのですね。
自分の行動が人に対してどうなのか?
浅はかな発想が大きな迷惑とならないのか?
自分が人の役に立っているのか?
自分で考えることが大切です。

人は何のために生きるのか?
何を残して死ぬべきなのか?

この世に生を受けたからには必ず考えなければならないことだと思います。
それは大きなことを成し遂げるためではなく、日々の何気ない生活の中に活かされるものなのだと思います。
古本屋さんの前を通って、そんなことを考えたのでした。

私は自分自身がそれを出来ているか、常々考えて行動しなければと思いました。
ただ決して品行方正ではなく、悪さをすることもあります。(自転車で斜め横断するとか 笑)
でも、できるだけ人のためになるようにネ。

みなさんはいかがでしょうか?
周りの人々のために、生き方に筋を通していますか?

« 院長日誌 650 [恥骨痛 劇的改善] | トップページ | 院長日誌 651 [新年度だ!!] »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌 151 [筋が通った人間]:

« 院長日誌 650 [恥骨痛 劇的改善] | トップページ | 院長日誌 651 [新年度だ!!] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ