フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 638 [強風になるとか・・・葛西のこと] | トップページ | 院長日誌 640 [やっぱりPCは苦手なんです・・・] »

院長日誌 639 [年齢とともに重要になる身体メンテナンス]

さて、患者さんとの会話の中でこんな話題が出ました。
「歳を重ねるごとにメンテナンスしなきゃなぁって思うんです」

そうなんです!

10代、20代前半とか若いうちは無理をしても何とかなります。
疲れていてもひと晩寝れば回復もするし、徹夜で遊ぶことだってできますよね。(個人差はありますが)
でも、20代~30代、30代~40代、さらにその先、特に境目の年代って身体の変化の影響が目に見えて出てくるのです。
これは決して見た目だけの話しじゃなく、筋肉、関節も内臓もです。
そしてもちろんメンタル面でもです。

無理がきかなくなる。
疲れが取れなくなる。
あちこち痛いところが出てくる。
ストレスに弱くなる。
などなど・・・。

心身は正直です。
普段の生活スタイル、身体の使い方が年々の蓄積となって5年後、10年後にあらわれてくるのですね。
つまり
「整えるべき所を整えていないと、先々の体調に大きな影響を及ぼすようになる」
ということ。
その影響がすぐに出てこないところが要注意のポイントで、当初は身体が頑張っちゃう。
ギリギリまで頑張って、挙句の果てにドーンとくるのです。
それが内臓疾患の場合もあれば、腰痛や首・肩の痛みという場合もある。
頭痛がシグナルになることもあるわけです。

だから身体の声をちゃんと聞いてあげないといけません。
腰や肩や首そのほかの痛みは、ほとんどの場合改善するし予防対策も施せます。
身体のバランスを整えていくことで、かなりの予防につながるのです。

そのバランスを整えていくお手伝いをするのが当院でおこなっているカイロプラクティック療法。
だから本来、痛くなったら来院する。ちょっと良くなったら来院をやめる。
という診方では本当の成果は出せないのです。

年齢とともに身体のいろいろな所に出てくる症状。
それらを全体医療(身体を部分で診るのではなく全身のバランスとして診ること)という考え方で診ていくのがカイロプラクティックですから、ある程度の定期的なメンテナンスが大事なのですね。

それに気付いてくださった前述の患者さん、産後も子育てに仕事にアクティブに動いていて、たま~に腰が痛くなったりもするけど1回の施術で回復し、すっかり体型も戻り、はつらつとしている方です。

みなさまにもそんな人生を歩んでいただきたい、日頃からそう思っている私です。

« 院長日誌 638 [強風になるとか・・・葛西のこと] | トップページ | 院長日誌 640 [やっぱりPCは苦手なんです・・・] »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 639 [年齢とともに重要になる身体メンテナンス]:

« 院長日誌 638 [強風になるとか・・・葛西のこと] | トップページ | 院長日誌 640 [やっぱりPCは苦手なんです・・・] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ