フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌621 [仕事に対するこだわり] | トップページ | 12月の受付カレンダー [院長日誌 623] »

院長日誌 622 [身体が目覚める習慣]

さて、毎朝目覚めてからおこなうこと・・・これをやって目が覚めます!! という習慣があるという方、多いと思います。

私は朝6時にアラームを鳴らして起きるのですが、目覚めた瞬間からすっきり爽快、なんてことはなかなかありません。
やはり眠い目をこすりつつ「起きなきゃ!」と起きるわけですが、必ずおこなうこと、と言うのがあります。

まず目覚めて仰向けのまま足裏を合わせて膝を外側に倒し内転筋伸ばし、膝を抱えて腰伸ばし、さらに膝を立てて左右に倒してストレッチ。
足と上体を少しだけ上げて(お尻で支えて)腹筋を100カウント。
次は起き上がって正座の状態から上体を前に倒して腰から背中を伸ばします。
ヨガの猫のポーズになって背中の屈曲伸展、それをさらに大きく動かします。
四つん這いの体勢のまま腕に体重を載せ、身体を右回し左回しと3回ずつ回します。
この動きは肩の関節に圧を掛けることで安定させることと、広背筋やその周囲の筋肉のバランスを整え、動きを円滑にする効果があります。
これらの体操を深呼吸に合わせておこないます。(どちらかと言うと吐く息をしっかりと意識して)
最後に腕立て伏せを50回ほど。

終了したら立ち上がって行動開始です。
体操をすることで身体は覚醒状態になり、「よしっ!!動くぞっ!!」という気持ちになるのです。

ちなみに、空手に行く時は車の中で筋トレします(笑)
と言ってもダンベルやエキスパンダーを使うわけではなく、グッと筋肉に力を入れたり、両掌を合わせて押し引きしたりして筋肉を膨らませるのです。
重りがなくても、重たいものを持っているイメージをしながらだと筋肉にしっかり力が入ります。
そうすると「よしっ!!やるぞっ!!」という気持ちになるのです。

人間も起動時のウェイクアップ、コンディションアップはとても大事です。
皆さんもそれぞれの心地良いやり方で、「よしっ!!」のきっかけ体操をおこなってみてはいかがでしょうか?
クセになりますよ。

« 院長日誌621 [仕事に対するこだわり] | トップページ | 12月の受付カレンダー [院長日誌 623] »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 622 [身体が目覚める習慣]:

« 院長日誌621 [仕事に対するこだわり] | トップページ | 12月の受付カレンダー [院長日誌 623] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ