フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« 院長日誌 620 [助産師講座リニューアル] | トップページ | 院長日誌 622 [身体が目覚める習慣] »

院長日誌621 [仕事に対するこだわり]

さて、仕事に対するこだわり・・・仕事をしている方なら誰でも持っているものかもしれませんが、カイロプラクティックを業とする私としては、やはり患者さんの人生を楽しいものにする、というところでしょうか。
ちょっと大げさかと思われるかもしれませんが、例えば腰痛に悩まされていたとしたら、それだけで楽しい人生のいくパーセントかを失っていると思いませんか?
だって腰が痛いのが気になって、しかも動きの制限まであれば当然ひどくならないようにと生活の中で制約を強いてしまうことになります。
やりたいことを我慢したり、仕事を休むことになればもっといろいろと影響が・・・。
それ自体がストレスになります。
そのストレスが新たな疾患を呼び込むことだって有り得るわけです。

だから、そんなことにならないで済むように腰の痛みを気にしないで良いレベルにコントロールしていく。
あるいは悩まなくて済むように身体づくりしていく。
それがカイロプラクティックの使命だと思っています。

つまり、みなさまの健康人生をサポートする、そして応援するアドバイザー&サポーター。
これが私の役割だと考えているのです。

患者さんの症状の改善、そして健康体のお手伝いとなる仕事をする、これが私のこだわりです。

世の中には癒し系のマッサージやリラックス目的のサロンがたくさんありますし、近頃は価格破壊でとんでもなく安くサービスを提供している所もあります。
残念ながらそういったところは、不調を改善して身体づくりをしていくのは無理です。
単なる一時しのぎにしか過ぎません。

そんな流れに迎合していくのは簡単なのかもしれませんが、私はやはり治療とコンディショニングという一線は崩したくないのですね。

これからもこのこだわりを持ち続けていきたいと思います。

C000494741_1642192

« 院長日誌 620 [助産師講座リニューアル] | トップページ | 院長日誌 622 [身体が目覚める習慣] »

カイロプラクティック」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/62669678

この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌621 [仕事に対するこだわり]:

« 院長日誌 620 [助産師講座リニューアル] | トップページ | 院長日誌 622 [身体が目覚める習慣] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ