フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 師範日誌 137 [両国稽古場の時間変更等お知らせ] | トップページ | 院長日誌 615 [良い姿勢の作り方] »

院長日誌 614 [姿勢が悪いと病気になります!!]

さて、またもや久しぶりの更新となってしまいました。

いきなりのタイトルがやや怖いもので脅かすわけではないのですが、これは大げさでも何でもない事実です。

腰痛や首・肩のコリ、痛みで多くの患者さんを診ていて、よく感じるのは姿勢に関してとても無頓着な方が多い事です。
現代医学の対症療法、部分治療の考え方に慣れてしまっているせいか、心も身体もそして1個の個体としての全体が全てつながっているという発想が希薄なのです。

例えば胃の調子が悪ければ、それは胃に問題がある。
腰が痛ければ腰に問題がある。
といったように、その部位にだけ着目しがちだということですね。

ところが前述のとおり、人の身体は全体が連動しているわけで、腰の不調が首からきていたり足に原因がある可能性もあります。
胃の不調がメンタルからきていることもあるし、姿勢のバランスに問題がある場合も多々あります。

姿勢のバランスが悪いということは、直接的に腰や首に負担をかけることにつながります。仮に猫背ぎみに背中が丸い姿勢になれば、肋骨の動きを制限してしまい、それによって胸郭が開きにくくなれば肺の働きを著しく低下させます。
これは心肺機能の低下ということですから、肺だけではなく心臓にも負荷をかけます。
酸素の取り込み量が減少すれば脳の働きが低下します。
もちろん吸気だけでなく呼気(二酸化炭素等の排出)の機能も下がるわけですから、総じて言えば人の身体を活かしている働きが落ちる、ということになります。

人の身体は全てがつながって連携しながら生命を維持しているのです。

テレビなどではいろいろと健康情報番組がありますが、それでも意外と健康に対する意識は低いように感じますし、認識が間違っている場合もあります。
(そう言った情報が全て正しいとは言えないのも事実です)
とは言え、誰しも病気になりたいとは思っていないと思います。
病床で介助を受けながら生きながらえるより、健康で動ける状態のまま天寿を全うし、ぽっくり逝くのが理想ではないでしょうか。
であれば、様々な身体の不調の予防対策として姿勢のバランスを意識することは、とても有意義なことなのですね。

みなさまも正しい姿勢のバランスを覚えて、素敵な人生をお過ごしください。

正しい姿勢のバランスがわからないという方、歪みがあって正しい姿勢を取りにくいという方、ご相談くださいね。

いりかわカイロプラクティックオフィス
葛西駅前整体院
03-5676-2587

« 師範日誌 137 [両国稽古場の時間変更等お知らせ] | トップページ | 院長日誌 615 [良い姿勢の作り方] »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 614 [姿勢が悪いと病気になります!!]:

« 師範日誌 137 [両国稽古場の時間変更等お知らせ] | トップページ | 院長日誌 615 [良い姿勢の作り方] »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ