フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 610 [首~肩(背中)~腕のしびれと違和感] | トップページ | 9月の受付カレンダー [院長日誌 612] »

院長日誌 611 [腰椎ヘルニアの対処]

さて、今回は「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された患者さんの話です。

昨年末から臀部が痛みだし、当初は近隣のカイロプラクティックへ。
しかしやや悪化する形で整形外科にてMRI。

腰部・臀部から足のふくらはぎ、また足の外側にかけての痛み(しびれ感)があり、牽引などの治療をされるも回復する兆しが無く、別の整形外科で腰椎硬膜外ブロックを受けましたが、その効果も翌日程度で、症状自体が酷くなっている気がする・・・。

ということで来院されました。

実は5年ほど前までおいでになっていた患者さんで、その時はかなり調子が良くなり、ご自宅も遠い事から通院を中断されていたのでした。

まず、椎間板の状態はMRIの所見もありますので、腰椎に慢性的にストレスを及ぼしている究極の原因を追究します。
つまり骨盤を含めて全身のバランス等の状態をチェックするのです。
もちろんヘルニア症状からくる逃避性傾斜は考慮しつつ、全体的な調整を施します。

筋肉のハリは、痛みから身体を守っている状態であればむやみに揉みほぐしたりすべきではありませんので(この場合マッサージ的なアプローチは禁忌です)、患部に直接的な関わりのない部分についてはほぐしておき、骨格的な変位とフィクセーション(可動減少)を中心に診ていくわけです。

治療後、来院する前まであった症状についてはひとまずかなり改善してくれました。
ただ、お盆休み期間長距離の電車移動をされるとのことでしたので、帰宅後に再びおいでいただくようにしました。

この場合発症から時間が経っていることもあり、1回ですっきり完治とはいきません。
ある程度の回数はかかるかと思いますが、必ず回復させるという信念を持って私も治療をしていきたいと思っています。

人間の身体は、ある意味とても正直です。
つらい症状も正しい対処をすれば、ほとんどの場合改善します。
要は身体にとって正しい事をするかどうか、です。
そのためには正しい治療と、正しいアドバイスが不可欠ですね。

どうにも良くならない・・・という症状のあなた!!
1度ご相談ください。
あなたからの声とあなたの身体からの声にしっかりと耳を傾けて、改善への手助けをしていきます。

いりかわカイロプラクティックオフィス
葛西駅前整体院
03-5676-2587

s-irikawa@ezweb.ne.jp

葛西駅前整体院はあなたの健康人生をサポートします!!

C000724863_164219

« 院長日誌 610 [首~肩(背中)~腕のしびれと違和感] | トップページ | 9月の受付カレンダー [院長日誌 612] »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 611 [腰椎ヘルニアの対処]:

« 院長日誌 610 [首~肩(背中)~腕のしびれと違和感] | トップページ | 9月の受付カレンダー [院長日誌 612] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ