フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 609 [時々届きます メルマガ] | トップページ | 院長日誌 611 [腰椎ヘルニアの対処] »

院長日誌 610 [首~肩(背中)~腕のしびれと違和感]

さて、今回は症例のご紹介です。

肩甲骨の内側・外側の違和感と首から肩、腕にかけての違和感としびれ、という症状で患者さんが来院されました。
60代の男性です。
7月からこの症状があり、マッサージに行っても改善せず、鍼も効かず、整形外科ではX-Pを撮り、「ヘルニアまでは行っていないけれども首からでしょう」というあいまいな見たての元、痛み止め等を処方され、しかし未だすっきりせず症状は続いていて・・・。

という状態でご紹介でおいでいただいたのでした。

肩甲骨周囲の症状は胸椎が関わっていることが多く、いくつかのチェックをしたところそれが原因だろうと診てとれる歪みとフィクセーション(可動減少)を確認しました。
また、頚胸移行部にもはっきりとズレがあり、明らかに頚椎と肩にかけての諸筋群にストレスをかけています。

頚椎や胸椎のバランスは少なからず骨盤等のバランスと表裏一体の関係にあるので、上半身の主訴であっても、身体全体を診ることは不可欠です。
そのため、骨盤等も含め、全体の調整をしていきました。
また少し体操もおこない、部分的に可動性を促進するようにしていきました。

調整後患者さんに身体を動かしてもらうと、「あれっ?どう動かしても違和感が出ない!!」というコメント。

なかなか良くならない症状でも、改善する可能性は十分あります。
大切なのは正しい原因の解明と、それに対する治療の方法。
当院のカイロプラクティックは患者さんの身体に負担をかけない治療法で、つらい症状からの回復を手助けしていきます。

「思い当たる症状があるな」と思ったあなた、是非ご相談ください。
あなたの身体の声に耳を傾け、あなたの人生の質をより高めていくお手伝いをさせていただきます。

いりかわカイロプラクティックオフィス
葛西駅前整体院

03-5676-2587
s-irikawa@ezweb.ne.jp

« 院長日誌 609 [時々届きます メルマガ] | トップページ | 院長日誌 611 [腰椎ヘルニアの対処] »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 610 [首~肩(背中)~腕のしびれと違和感]:

« 院長日誌 609 [時々届きます メルマガ] | トップページ | 院長日誌 611 [腰椎ヘルニアの対処] »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ