フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« 院長日誌 603 [空きスペースお貸しします!] | トップページ | 院長日誌 604 [目の前ではなくその先にあるもの] »

師範日誌 134 [受け身]

稽古と検定の内容について検討していて、護身術のウェイトを少し増やしていこうと考えている。

葛西も津田沼も、限られた時間で稽古しているので、あれもこれもと練習しているとあっという間に終了時間になってしまう。
練習のプログラムを精査し、無駄なく効率よくしていかなければならないのだ。

護身術のウェイトを増やすにあたって、まず“受け身”の練習を津田沼では前々回から実施していて、葛西では次回から実施していく。
津田沼の場合、厚手のヨガマットを敷いているのでやりやすいのである。
また西葛西スポーツセンターでは体操用のマットをレンタルできる。

実は以前板の間で練習をして、身体が痛くなったり腰を痛めた会員が出たことがあったのだ。
本来なら柔道競技と違って、路上で対応できるためにはコンクリートの上でもできなければいけない“受け身”なわけだが、慣れない人が練習するにあたってはなかなかそうもいかない。
だからマットは必要なのだ。

“受け身”の練習は子供たちに受けがいい。
これから定期的に取り入れつつ、護身術の稽古を進めたいと思っている。

« 院長日誌 603 [空きスペースお貸しします!] | トップページ | 院長日誌 604 [目の前ではなくその先にあるもの] »

スポーツ」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/61845012

この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌 134 [受け身]:

« 院長日誌 603 [空きスペースお貸しします!] | トップページ | 院長日誌 604 [目の前ではなくその先にあるもの] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ