フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« 渋谷にライヴ観に行くの巻 | トップページ | irisax musical instruments »

院長日誌 575 [夏の疲れ・イベント疲れ]

さて、10月も半ばとなり、気温がずいぶん下がるようになってきました。
もう夜は布団を掛けていないと寒くなるくらいです。

夏の暑さから解放されて過ごしやすくはなっているのですが、身体がついていかないというケースは多いようです。
9月も10月も連休があって、保育園やら幼稚園やら小学校やら、はたまた家族のお出かけやら・・・何かとイベントが続く時期でもあるのです。
そうすると少しずつ疲労が蓄積してきます。

疲れた身体は風邪を呼び込むこともありますが、ちょっとした動作で腰を痛めたり、あるいは朝起きたら首が動かなかったりという症状が襲ってきやすくもなるのです。

ちょうど昨日もそんな患者さんが立て続けにおいでになり、昼食を摂る暇もなく対応したところ。

腰や肩・首の痛みに対処するのはカイロプラクティックとしては当然のことですが、本来は未然に防ぎたいものです。
だって痛みで日常生活に不自由な思いをするのは勘弁してほしい、と誰もが思うでしょう。
痛くなってから治療する、という対症療法ももちろん悪くはないのですが、繰り返せば治るのに時間がかかるようになります。
結果的にはつらい思いが長引いてしまうのはご自身なのです。
だから実はカイロプラクティックの基本的な考え方は、「健康体で、痛くならないためにバランスを整える」ということなのです。

実際当院には10年以上来院されていて、定期的な調整を続けている患者さんがたくさんいらっしゃいますが、どなたも日常生活に支障をきたすような状態に陥らないで過ごせているのです。(最初の来院のきっかけは、ぎっくり腰などで痛くなって、と言う方がほとんどですが)

今年もあと3ヶ月を切りました。
これから暮れに向けて多忙になる方が多いと思いますが、身体トラブルでつらい思いをしないように、早めに身体のバランスを整えておきましょう。
今、良い状態をつくっておくことが10年後の健康生活につながります。

ご予約・お問い合わせは・・・

いりかわカイロプラクティックオフィス
葛西駅前整体院
03-5676-2587
s-irikawa@ezweb.ne.jp

« 渋谷にライヴ観に行くの巻 | トップページ | irisax musical instruments »

カイロプラクティック」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/60454528

この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 575 [夏の疲れ・イベント疲れ]:

« 渋谷にライヴ観に行くの巻 | トップページ | irisax musical instruments »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ