フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 562 [新企画の予感] | トップページ | 院長日誌 564 [文体を変更] »

院長日誌 563 [受験に向けての患者さん]

さて、年明けの大学受験に向けて頑張っている患者さんが久しぶりにみえた。

とても快活な女子で(もはや女性と表すべきか)、夏休み中は塾の集中セミナーで勉強三昧だった模様。

思えば自分のせがれが大学受験を目指していた頃、やはり夏休みが勝負という声をよく聞いていた。
夏休みの間にしっかりと理解を深めることが重要なのだ。

そんなわけで受験勉強の疲労から、肩コリや腰の疲れが蓄積していての来院だったのである。
筋肉はほぐし骨格は調整してかなり状態は楽になってもらったのだが、日頃からのリズムについて少しアドバイスしておいた。

勉強を長時間休憩なく続けると、かえって効率は悪くなる。
脳はそんなに長丁場を集中できるわけではないので、適度に休息や気分転換の機会を設けることが大切。
1時間に1回は伸びをしたりストレッチする。
1日1回は軽くウォーキングする、などなど。

そしてもうひとつ。
夜型のリズムを朝型リズムに変えていくこと。
夜1時、2時まで勉強しても決して学習効率は上がらないし、ホルモンバランスも崩すことになる。
成長ホルモンや女性ホルモンは夜の睡眠中に分泌されるものなので、その時間に起きていることは、自律神経などの身体の機能を乱すことにつながってしまうのだ。
また、受験当日は朝早く家を出て、試験問題を解くことになる。
その時間に頭が冴えているように日頃からリズムを作っておかないと、試験中に眠気に襲われる痛い結果となってしまいかねない。
だから朝型なのである。

そんなアドバイスを話し、彼女の身体は軽くなって帰って行った。
志望校に合格できるように応援している。
そして大いなる夢を抱いて、その実現に向けて進んでいってほしいと願っている。

« 院長日誌 562 [新企画の予感] | トップページ | 院長日誌 564 [文体を変更] »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 563 [受験に向けての患者さん]:

« 院長日誌 562 [新企画の予感] | トップページ | 院長日誌 564 [文体を変更] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ