フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 7月の受付カレンダー [院長日誌 542] | トップページ | 院長日誌 544 [妊婦さんを快適にする施術の実践セミナー] »

院長日誌 543 [あきらめないで楽しむこと]

さて、60代後半の患者さんでここ数カ月、股関節周辺の痛みに悩まされている方がいる。

もともとアクティブな女性で、いろいろなスポーツを楽しんできたが熱心にやり過ぎて痛めることもあった。
今回の股関節の痛みはバランスディスクに乗って体操をした後に惹き起こされたが、X-Pの結果は臼蓋がやや浅く、腰椎にもすべり症の気があるとのこと。

臼蓋の問題は、高齢になってから顕在化してくることはよくある。
無理は禁物というのは確かに言える。
楽しんできた運動はちょうど股関節にも負荷をかけるものなので、それをやめれば痛みが引くのは早いのだろう。
しかし、私はせっかく人生の楽しみであった運動をやめてしまうことで、日々の充実感が半減してしまうことの方が、ご本人にとってはつらいのではないかと思う。

だから、あくまで運動の仕方を控えめにするという方向で、骨盤、腰椎、股関節などの調整をおこなっている。
来院後は症状が軽減する。
しかし運動をすると痛みが少しぶり返す。

治療と負荷の塩梅。
これが大切だ。
バランスが負荷の方に傾かないように、少しずつでも調整の結果が前進していくように心掛けて治療を進めたいと思っている。

痛みや違和感を感じると、せっかく楽しんでやっていることをあきらめてしまう人がいる。
でもそれでは人生がつまらないものになってしまう。
「人生楽しんでなんぼ」なのである。
楽しむためにどうするか?
を指向の中心に置くと、心もポジティブになっていくと私は信じている。

« 7月の受付カレンダー [院長日誌 542] | トップページ | 院長日誌 544 [妊婦さんを快適にする施術の実践セミナー] »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 543 [あきらめないで楽しむこと]:

« 7月の受付カレンダー [院長日誌 542] | トップページ | 院長日誌 544 [妊婦さんを快適にする施術の実践セミナー] »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ