フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 531 [物持ちの良さ] | トップページ | 院長日誌 533 [離婚希望率が高い・・・] »

院長日誌 532 [物持ちの良さ ②身体編]

さて、前回院長日誌531で、物持ちの良さのコラムを書いた。
これは持ち物の話だったが、人の身体にあてはめても同じことが言える。

大事に扱っていると長持ちする。
きちんとメインテナンスをしていれば、良い状態が長続きする。
使わないでそっとしておいたら調子がいいかと言うとそうではなく、適度に動かしていないと劣化する。

まさに“物”と同じなのである。

身体を大事に扱うと言うのは、過保護にするという意味ではない。
適度なストレスを与えることは、脳や内臓諸器官、そして運動器にとっても必要なことで、機能を維持あるいは向上させていくには不可欠なことである。
だから、悩んだり苦しんだりすることも人生では大事なプロセスだ。
それがあるから学んで、動いて、笑って、楽しんでいけるのだ。

身体の持ちがいいと言うのは必ずしも無病息災ということではない。
一病息災という言い方があるように、人間はついつい身体のことをおろそかにしがちだが、気をつけて過ごさなければならない要因をひとつでも持っていると、身体のことを意識するようになる。
その意識こそが健康状態を保つきっかけになるのである。

だからどこか調子が悪いところがあるからと言って、凹まないことだ。

健康食品、サプリメントは売らんかな商売真っ盛りで、その市場規模はとてつもなく大きいが、これを利用する人は結局は他力本願だと言わざるを得ない。
「それを摂っていれば大丈夫」などと言うものは存在しない。

結局は自分の意識を高めて、自分の身体に向き合って、自分の身体に自ら働きかけをして、そして磨きをかけていこうとする人が、長持ちするのである。

日本の平均寿命は今後下がっていくかもしれない。
しかし健康寿命は延びてほしいと願っている。
元気な日本人がいなければ、日本の活性化なんて夢の話に終わるからである。

私はカイロプラクティック院とともに武道の会を運営しているが、元気人間製造元として、これからも私自身が元気に生きたいと思っている。

元気人間の源は身体のバランスだ!!
バランスを改善する「葛西駅前整体院」はこちら
 

元気人間の源は均整のとれた運動だ!!
武道の稽古を通じて心と身体を育む「健康武道 健進会」はこちら

« 院長日誌 531 [物持ちの良さ] | トップページ | 院長日誌 533 [離婚希望率が高い・・・] »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 532 [物持ちの良さ ②身体編]:

« 院長日誌 531 [物持ちの良さ] | トップページ | 院長日誌 533 [離婚希望率が高い・・・] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ