フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 師範日誌 125 [認定証発行] | トップページ | 院長日誌 532 [物持ちの良さ ②身体編] »

院長日誌 531 [物持ちの良さ]

さて、私の持ちモノには長年愛用している物が多い。

最近の風潮のように安いものでその場しのぎをして、どんどん消費していくスタイルはどうも性に合わない。
例えば衣類にしても、安いファストファッションの店で買って、翌年はまた新しく・・・などと言うのはどうも好かないのだ。
どうせ買うのならデザインも素材も納得した物を大事に使いたい。
だから10年以上愛用している衣類も多い。

職場であるカイロプラクティック院のすぐ近くに古着屋「パラダイスランチ」さんがある
時々覗きに行く。
自分なりの掘り出し物かあれば購入するのだが、先日はヌ―ディージーンズを格安で手に入れた。
オーナーが気さくな人で、音楽など共通の話題もあるので楽しめるのだ。

かれこれ10年以上使っているリーバイスのジーンズがあり、もうかなりウォッシュド度合いが凄いのだが、これの大腿のところが破れてしまった。
履くたびに何故かその穴に足の指が入り、輪をかけて穴が大きくなっていく。
カミサンにも、「もういい年齢なんだからみすぼらしい格好しないで!」とくぎを刺され、とうとう処分かな、と思っていたところ、件のオーナーから「リペア出来ますよ」の一言。
それではとお願いして、出来上がったのが下の写真だ。

Dscn3532
見事に修復され、ジーンズならではのダメージ感も施された。
まだしばらくは使えるようになった。

こんな具合に長年愛用して、愛着がわいてくるのである。
どうも過剰な消費時代は、かえって人びとの心を貧しくしているように思えるのだが、読者のみなさんはいかがだろうか?

« 師範日誌 125 [認定証発行] | トップページ | 院長日誌 532 [物持ちの良さ ②身体編] »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

愛用品」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 531 [物持ちの良さ]:

« 師範日誌 125 [認定証発行] | トップページ | 院長日誌 532 [物持ちの良さ ②身体編] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ