フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 504 [お久の更新] | トップページ | 師範日誌 116 [DVD] »

院長日誌 505 [寝具の話]

さて、どんな人でも大抵は夜寝るときに寝具を使う。
布団かベッドかの違いはあれど、寝具選びに苦労されている方は多いだろう。
しかし巷では低反発だの高反発だの、点で支えるだのと種類が多すぎて、結局何がいいのかわからないという人が多いはずだ。

当院でも時々患者さんから「どんな寝具がいいのですか?」と質問を受ける。
そんな時、私は特定の商品を押しつけないようにしている。
身体にいいと言えども、その効果には必ず個人差がある。
枕もそうだが(枕については後日改めて書こうと思うが)ひとつの商品が全ての人にマッチすることは有り得ない。
今まで使ってきた物、相性、寝方、体格・・・それぞれ違うわけだから合うものはそれぞれ違うはずなのだ。
だからいろいろと調べて試していくしかない。

実は先日我が家の布団を新調した。
長年使っていた煎餅布団がもはや身体を傷めつけているのではないかと思ったら、何だかとたんに布団が板のように感じてしまったのだ。
カビやダニの心配だって出てくるし、これはいっそ奮発して全とっかえしちゃおうということで掛け布団、敷布団、布団カバーを新しくしたのである。
いろいろと調べて探した結果、敷布団は3層の防ダニ加工のもの、掛け布団は羽毛布団、カバーはほこりが出にくい防ダニ加工の生地のものにした。
いささか旅館かホテルに来たような感はあるが、概ね良好な寝心地である。
そして通気性、湿気対策としてスノコを発注しているので、さらに快適になるかと思う。

あなたがもしベッドを使っているのなら、マットレスのへたりには注意が必要だ。
長く使っていれば当然スプリングがへたってくる。
スプリングが錆びてくることもある。
特に腰・骨盤の部分は沈み込みが大きくなりがちである。
だから裏表や上下を変えて対応することが大切なのだ。

固過ぎず柔らか過ぎず、適度に身体を支えてくれるもの。
そして寝返りが打てること、が大事。
さらに日本が湿気の多い国だということも忘れてはならない。
だから素材にも気をつけたい。
あなたがもし、朝目覚めた時に身体が固まって痛いようなら、その寝具は赤信号だろう。

1日の1/4前後、完全に身体を預けることになる寝具。
実は生きていく中で、非常に重要な場所なのである。

みなさんも今お使いの寝具が自分にあっているかどうか、再確認してみてはいかがだろうか?

« 院長日誌 504 [お久の更新] | トップページ | 師範日誌 116 [DVD] »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 505 [寝具の話]:

« 院長日誌 504 [お久の更新] | トップページ | 師範日誌 116 [DVD] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ