フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 師範日誌 107 〔ひとつの節目〕 | トップページ | 院長日誌 465 〔あんよギャラリー〕 »

師範日誌 108 〔足圧法実習〕

12月1日の稽古で認定証の授与をおこなったことは前回のコラムで書いたが、同日足圧法の実習もあわせておこなった。
足圧法は、患者が横臥位(シムスの体位)になり術者が足を使って押圧していく療法である。
患者の足裏から下腿、内転筋、股関節、大腿筋膜張筋を圧したり軽擦したりして血行やリンパの流れを回復させ、体調改善や疲労回復につなげるというものだ。

私がやっている葛西駅前整体院のコースで設けているものだが、日本健康武道協会ではこの療法を年に2回実習し、日頃の健康維持に役立ててもらうことにしている。
つまり普段は施術料金をいただいているものを、会費の範疇で覚えてもらっているということになる。
これは会員の特典だ。

363

364

患者側は眠くなるほど心地良いものだが、術者にとってはバランス感や圧をコントロールする技術が武道の感性を高めることになるので、実はトレーニングになっているのだ。
そんなことを意識しているかどうかわからないが、小さな子供も一緒に交代しながら踏みっこしている姿は微笑ましい。
ただ、本来はお父さんお母さんにたいして子供が実践してほしいところだが、逆に子供が親に踏んでもらって気持ち良さそうにしているのは少し複雑な思いがある。

とは言え、親子、家族のコミュニケーションの機会になり、人に優しい気持ちを育んでくれたらと期待している。 

« 師範日誌 107 〔ひとつの節目〕 | トップページ | 院長日誌 465 〔あんよギャラリー〕 »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌 108 〔足圧法実習〕:

« 師範日誌 107 〔ひとつの節目〕 | トップページ | 院長日誌 465 〔あんよギャラリー〕 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ