フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 師範日誌 105 〔映像・・・昇段・昇級検定会より〕 | トップページ | 元気になりたい人!!ライヴのお知らせ [新橋ZZ] »

院長日誌 457 〔安かろう悪かろう…でいいのか?〕

さて、少々苦言を呈することになるが・・・。

先日、当院で以前アロマセラピーを担当してくれていた女性と電話で久しぶりに話をした。
仕事のことや近況をいろいろと話したのだが、その中で最近のマッサージ店の話題になった。
彼女は実に勉強、研究熱心な人で、時間ができると近隣のクイックマッサージ店やアロマセラピーの店に出向いて施術を受けている。
疲れた身体を癒したいと言うのもあるだろうが、どんな手技で施術してくれるのか実体験で研究したいからなのだ。
だから近場にある所はほとんど全て行ったらしいのだが、最近の価格破壊ブームを嘆いていた。
マッサージ業界でも低価格を謳う店が増えている。
60分で2980円とか3980円とか。
実際のところ手技療法の業界は日銭商売なので、そんな料金設定ではプロの仕事としては人件費が出ない。ではどうしているのか?
人の身体に触れて施療するに必要な学習は、解剖学や生理学を始め、基礎医学分野のみならず実技の技術を習得するまでに最低でも2年はかかると私は考えている。
それを短期間(3カ月とか6カ月とか)で育成して、研修代わりに現場に出す。
そうすると安い賃金で就業させることが出来るのだ。
東京都であれば都の条例に基づいた最低賃金をクリアしていれば、あとは施術1件に対しての歩合をつければ携わりたいという人はいるだろう。
つまり質が悪いのである。

前述の彼女も「施術を受けてもそのレベルがとても低い」ということを嘆いていたのである。

当院の患者さんでも過去に、クイックマッサージで矯正をされて腰を痛め、来院された方がいた。
短期間の訓練では知識も経験も、身体をどう診るかという判断力も足りないのである。

これを読んでいる方は、安いところに飛びつく前によく考えて欲しい。
自分の身体を預ける上で、安心できるのかどうかを。
健康に関わる仕事にディスカウントはあり得ないということを理解していただきたいと思う。

« 師範日誌 105 〔映像・・・昇段・昇級検定会より〕 | トップページ | 元気になりたい人!!ライヴのお知らせ [新橋ZZ] »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 457 〔安かろう悪かろう…でいいのか?〕:

« 師範日誌 105 〔映像・・・昇段・昇級検定会より〕 | トップページ | 元気になりたい人!!ライヴのお知らせ [新橋ZZ] »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ