フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 408 〔妊婦施術の実践セミナー〕 | トップページ | 院長日誌 410 〔人生はつながっている〕 »

院長日誌 409 〔そもそも重たいもの〕

さて、妊婦さんの経過が順調で、お産や育児が楽しみになってきたという患者さんは、当院には非常に多い。

昨日おいでになったAさんも、妊娠6ヶ月くらいから来院していて、当初の臀部や恥骨の痛みはほとんどなくなり非常に良い経過をたどっている。
だから「出産や育児が楽しみになってきた」というコメントは、私にとってはとても嬉しいものである。

一方、おいでいただいている患者さんのママ友さんで、やんごとなき事情で子育てに不安や悩みを抱えていた方が亡くなったという。
自ら命を絶ったらしい。

個々人にも家庭にも様々な複雑な事情があり、他人が軽々しく口を挟めるものではないことは長い人生で理解している。
しかしながら、人は皆それぞれに重たい何かを背負いつつ、助け合ったり支え合ったり、ぶつかっては解決しながら人生を歩んでいるものである。
苦しいときに人に頼るのは恥ずかしいことではないのだ。
人生はそもそも重たいもの。
自分もそうだし人もそうだ。

私に出来るのは身体の不調(痛みやらしびれやら)をバランスを整えていくことで改善して、健康生活を謳歌できるよう手助けをするに過ぎないが、それでも患者さんのその不調が良くなったときに、人生が楽しくなってくれたら本望なのである。
出会う人(患者さん)は限られているが、これからも少しでも多くの方の人生を楽しく出来るように頑張らねばと思う。
そして私自身の元気は、患者さんが改善したときの笑顔からいただいているということを感謝し続けたいと思っている。

« 院長日誌 408 〔妊婦施術の実践セミナー〕 | トップページ | 院長日誌 410 〔人生はつながっている〕 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 409 〔そもそも重たいもの〕:

« 院長日誌 408 〔妊婦施術の実践セミナー〕 | トップページ | 院長日誌 410 〔人生はつながっている〕 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ