フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 402 〔医療従事者とタバコ〕 | トップページ | 院長日誌 404 〔妊婦施術の実践セミナー報告〕 »

院長日誌 403 〔歳を重ねるということ〕

さて、先日とうとう私は○○才になった。
別に芸能人じゃあるまいし隠すこともないのだが、いよいよ大台にあと一歩という時期に来たのだ。
箱根駅伝なら人生の帰路の小田原くらいだろうか。

歳を重ねて思うのは、何も変わらないということだ。
悠々自適な生活を送るわけではないし、日々気ぜわしく不安になりながらは相変わらずだし、何より自分が精神的にでも成長しているかというと、甚だ疑問である。
ひとつ歳を取っても何も変わらない。

自分の中では30才くらいで意識が止まっていて、まだまだ無理も出来ると気持ちを高ぶらせる反面、ぼつぼつ世代を引き継いでいくことを考えなければ、とか、頑張りすぎず欲張りすぎずマイペースでいいやと気持ちを落ち着けてしまう部分もあって、いかんともしがたい。
いずれにせよ終わっちゃった自分にはなりたくないというのは本音である。

リーマンショック前くらいまでのカイロプラクティックの仕事はまさに右肩上がりで、非常に順調だった。
しかしリーマン以降、多分にもれず不景気のあおりを受けたのと、プライベートで大きな波がありモチベーションが著しく下がった影響で、スローダウンしてしまったのだ。
かえって自分のあり方を考えるいい機会になったとも言えるが、そこから心の建て直しをしていくのに時間がかかった。
それでもずっと通院していただいている患者さんがいて、本当に感謝である。

もうひとつの仕事、武道の指導はやはりいつまでも自分だけで出来ることではないので伝え継いでもらわなければならない。
ようやくここ数年で指導できる人材が育ってきたので、徐々に任せていこうと思っている。

音楽も然り。
若い頃は音楽で生計を立てたいなんて目指していたこともあるが、今はがむしゃらにやるというよりは好きなことを気持良いペースでやろうと、心に余裕が持てている。
とは言え、やるとなったら中途半端は否なので、ある程度結果を出したいなんて甘いだろうか。

三足のわらじなのだが、引き続きどれも手を抜かずまい進していこうと思っている。
歳を重ねても何も変わらない。
言ってみれば未だに餓鬼のまま。

でも、もっと爺さんになっても、やっぱり人のためになる人間でいたいという目標は持ち続けたい。

« 院長日誌 402 〔医療従事者とタバコ〕 | トップページ | 院長日誌 404 〔妊婦施術の実践セミナー報告〕 »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

回想録」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 403 〔歳を重ねるということ〕:

« 院長日誌 402 〔医療従事者とタバコ〕 | トップページ | 院長日誌 404 〔妊婦施術の実践セミナー報告〕 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ