フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 師範日誌 85 〔入会受付中!!〕 | トップページ | 師範日誌 86 〔集中力〕 »

東横線直通・・・埼玉は?

東京メトロの副都心線と東急東横線が直通運転を始めた。
メディアでも盛んに取り上げられている。
しかし、ふと違和感を感じるのは、横浜方面の経済効果ばかりがクローズアップされていることだ。

確かに埼玉や渋谷をターミナルとした地域から横浜へのアクセスは非常に便利になったのだろう。
だから横浜の商店街や中華街が集客に期待を寄せるのは当然だと思う。

私は同じようにアクセスがしやすくなった埼玉方面も、もっと取り上げるべきだと感じる。

特に東上線沿線で私が解るのは川越くらいなのだが、良いところがたくさんある。
日本酒の鏡山酒造は飲みやすい口当たりだが凄く美味い。
食べ物も美味しいものが多い。
お祭りも盛大だ。
三社などのいわゆる喧嘩祭りではなく、各山車が舞い(踊り)で競うというとても平和な祭りだ。見物しているこちらがほのぼのした気持ちになるのである。
自然も多い。
近隣の公園ではカワセミを見ることができる。

いい所がいっぱいある。

私は仕事の都合が無ければ移り住んでもいいと思っているほどだ。

一方横浜。
ここ20年くらい訪れていない。
行かなくても何ら不自由しない。(完全な主観だが)
中華街も興味はあるが、ごちゃごちゃした雰囲気が疲れるのと、このご時世で中国産食材はどうなんだろうという思いも少しばかりある。
そんなこんなで足が遠のいている。

日本人は舶来に弱い。
横浜や神戸がそれをいち早く発信している場所だから発展したという歴史は間違いなくあると思う。
だから人は横浜に行きたがる。

しかし日本の伝統のもの、昔ながらのものにそろそろ目を向ける時代ではないかと思う。
川越出身の矢部澄翔さんは世界で活躍している女流書家である。

これから先、注目していくのは横浜ではなく埼玉・川越ではないだろうか。
直通運転が、一方通行ではなく多くの地域で活性化に役立つことを願うばかりである。

« 師範日誌 85 〔入会受付中!!〕 | トップページ | 師範日誌 86 〔集中力〕 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

美味しい!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東横線直通・・・埼玉は?:

« 師範日誌 85 〔入会受付中!!〕 | トップページ | 師範日誌 86 〔集中力〕 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ