フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 392 〔生きるバイタリティー〕 | トップページ | 師範日誌 85 〔入会受付中!!〕 »

院長日誌 393 〔過ぎ去れ花粉症シーズン!!〕

さて、世間では花粉症に悩む人が非常に多い。
時は花粉症時代。
花粉症とは無縁、という人を探すほうが難しい・・・とは言い過ぎか。
言わずもがな私も花粉症連盟の一員で、ただし重症の人に比べるとまだまだマシなほうだと思う。

日頃患者さんには健康に関するいろいろなアドバイスをしていて、姿勢のバランスだったり食事だったり、睡眠の質を良くするワンポイントだったり。
とにかく患者さんの生活の質向上のためにどう過ごすのが良いか、知恵を絞る。
だが、花粉症の絶対的改善方法は未だ世の中に存在せず、こればかりは「つらいねぇ」と共有するしかないのが現状だ。

カイロプラクティックで、ここさえ調整すれば花粉症完治!!といったものがあれば、今頃私は巨万の富を得ているだろうが、そううまくはいかない。
食事に関してもそうで、花粉症を悪化させる食品・・・例えばコーヒーとかアルコール類とかジャンクフードの類などは避けるように伝えられはするが、かく言う私がコーヒーもアルコールも好物ときているから始末が悪い。
何の説得力もないから、そんな偉そうなことは言わないようにしている次第だ。

目を取り出して洗いたいとかよく聞くが、その気持ちは痛いほどよくわかる。
身体をパーツに分けて診る対症療法である現代医学に対して、東西を問わず身体全体を診ていく統合医療、予防医学の観点が強いカイロプラクティックに関わる身であっても、こと花粉症対策に関しては「パーツごとに洗えたら良いのに」と当座の症状緩和に意識がいってしまうのは、修行が足りないからだろうか。
服薬に頼ってしまう毎日なのである。

いずれにしても、日々服薬とその効果に一喜一憂しながらも、
「抜本的な対策のためには過去に植林によって増大した杉林をどうすればいいのか」
とか
「花粉だけでなく黄砂や大気汚染物質も影響が大きいに違いないから、どこの国のせいだ」
とか
「マスクが増産体制らしいがその製造工場は中国だから潤うのは?」
とか思いを膨らませながら、
機が熟す

時が過ぎるのを待つしかないのだろう。

昔、小学校の先生が
「踏まれても踏まれても春待つタンポポのように強く優しく育ってください」
とメッセージをくれたことがあった。

私は今、春を越えて花粉症が落ち着く時期に早くなってくださいと願っている。

« 院長日誌 392 〔生きるバイタリティー〕 | トップページ | 師範日誌 85 〔入会受付中!!〕 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 393 〔過ぎ去れ花粉症シーズン!!〕:

« 院長日誌 392 〔生きるバイタリティー〕 | トップページ | 師範日誌 85 〔入会受付中!!〕 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ