フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 357 〔漢方のお茶「活・健・胃」〕 | トップページ | クリスマス・ライヴパーティーのお知らせ »

院長日誌 358 〔尿漏れ改善・子宮脱防止〕

さて、妊娠中や産後のママさんが陥りやすい症状のひとつに尿漏れがある。
くしゃみや小走りをしたときに尿漏れしたり尿漏れしそうな不快感をおこしたり、といった症状だ。

2年前に同様の症状で第1子産後から来院されていたNさんは、この時骨盤の調整をしっかりすることで改善し、今年第2子の妊娠中・産後は尿漏れに悩まされることは無かった。
さらに第1子の出産前にはたびたび起こっていたヘルニアによる急性腰痛も、来院以降再発していない。

妊娠・出産にともない惹き起こされる骨盤底筋の緩みは、胎児の成長と安産のために必要なホルモン(リラキシン)による作用だが、骨盤が弱い現代人は必要以上に緩んでしまいがちで、これが尿漏れなどマイナートラブルの大きな原因となる。
あわせて骨盤の歪みがあれば、いわゆる妊娠性の腰痛と総称される骨盤痛を起すことになるのである。
さらに高齢期になると子宮脱というリスクが高まることになる。

前述のNさんは陸上で高校総体にも出場し国体予選にも進んだアスリート。
しかし身体を鍛えているはずのNさんでさえ、妊娠・出産による症状に悩むのだ。
現在Nさんは産後の経過が順調で、痛みも無く、3000gを越えて生まれたふたりめのベビーと共にとても楽しそうに来院いただいている。

骨盤回復をしっかりおこなうことで、産後の人生を楽しく過ごせる。
楽しく明るい子育てを出来るだけ多くの方々に目指していただきたいと願っている。

« 院長日誌 357 〔漢方のお茶「活・健・胃」〕 | トップページ | クリスマス・ライヴパーティーのお知らせ »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 358 〔尿漏れ改善・子宮脱防止〕:

« 院長日誌 357 〔漢方のお茶「活・健・胃」〕 | トップページ | クリスマス・ライヴパーティーのお知らせ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ