フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« 院長日誌 348 〔希薄なコミュニケーション〕 | トップページ | 院長日誌 349 〔小江戸川越まつり〕 »

師範日誌 74 〔暮れに向けて…〕

早いもので平成24年も残すところあと3ヶ月である。

我が「日本健康武道協会 健進会」は今年どんな足跡を残してこられたか・・・。

頭の中で整理する時期である。

基本的には特段珍しいアクションを起こすわけではなく、冷静に1歩ずつコツコツと歩んでいくというスタンスに何ら変わりは無いのだが、それとてしっかりと歩いてきたのかどうか?と自問自答するのである。

基本の形、正中線・重心バランスを意識した練習、腹の底から出す気合、ミット練習での身体の動きへの集中力、その集中力の継続性、護身術に対する心構え、体さばき・足さばき・・・。
どれをとっても省略できるものではなく、むしろそれらが欠けたら武道稽古とは言えないという修行の根幹を成すものだ。
しかしながらそれをあまりにも前面に押し出してしまうと、非常に関わりにくい世界となってしまう。
武道が特別なものではなく、どんな人の人生にも活かせるエッセンスを持つものとして捉え、そのエッセンスを伝えられるようにしていきたいがために私は「日本健康武道協会 健進会」を立ち上げた。
それが私の初志だった。
それから11年の間、本当に地道に活動を続けてきたのだ。

これからも命ある限り、ただコツコツとひたむきに継続していくつもりで、その中で当会を継承してくれるすばらしい人材を丁寧に育てていく。

数年前に急逝したY指導員との約束・・・子供と一緒に、家族で参加できる武道。
このコンセプトは崩すことなく、伝え続けていきたいと考えている。

残りの3ヶ月では秋の親睦会、昇級検定会、体力測定、足圧実践会、認定証授与、そして稽古納め&忘年会と予定がしっかり入っている。
体調管理を万全にして乗り切っていこうと思う。

ちなみに「日本健康武道協会 健進会」では会員を随時募集している。
ひとりでの参加はもちろん、親子、家族でも参加歓迎。
女性の方も多く入会している。
詳細はこちらを。

« 院長日誌 348 〔希薄なコミュニケーション〕 | トップページ | 院長日誌 349 〔小江戸川越まつり〕 »

スポーツ」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/55874277

この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌 74 〔暮れに向けて…〕:

« 院長日誌 348 〔希薄なコミュニケーション〕 | トップページ | 院長日誌 349 〔小江戸川越まつり〕 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ