フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« ラジオ・・・オンエア | トップページ | 師範日誌 74 〔暮れに向けて…〕 »

院長日誌 348 〔希薄なコミュニケーション〕

さて、現代人はコミュニケーションが希薄になっていると言われる。

携帯やスマートフォンでのメールやゲームなどのアプリケーションで、人と直接のコンタクトをしなくても過ごせるようになってしまったことは、人間らしいコミュニケーション力を大きく低下させていると思う。

私は「たまには身体に良くないファーストフードを」と、ごくたまにではあるがいわゆるMが付くハンバーガー店に行くのだが、最近カウンターに置いてあるメニューが廃止され、注文するものを覚えていないと店員に伝えられないという事になってしまった。
一方店員の方は、今まで以上にスピードアップが図れるという事で、一層早口になった。
「〇△※□はいかがですか??」と矢継ぎ早に言われ、これはもはや早すぎて日本語には聞こえない。
慌しい中店員の心からの「ありがとうございました」も感じられない。
全てがマニュアル通りをいかにスピーディーにこなすかということに終始していて、5秒で買い終えなければならない自動販売機と同じなのである。

企業の有り方がこうなっているのだから、社会の中でコミュニケーションをじっくり密に取りましょうなどと言うのは困難かもしれないが、とは言え人間にとってそれを蔑ろにしたら心はどんどん荒んでしまうだろうと感じるのは私だけだろうか。

世の中は変化している。
心の闇が事件となることも多い。
世界の20人に1人はうつ病だと言う。
街中や電車の中で、携帯端末画面を操作している人たちが大勢いる一種異様な光景に、どこか社会の方向性が間違っている気がするのだ。

大切なのは生身のやり取り、心のこもった人間関係ではないのだろうか。
ある日の昼食の風景から、そんなことを考えていた。

« ラジオ・・・オンエア | トップページ | 師範日誌 74 〔暮れに向けて…〕 »

カイロプラクティック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/55859663

この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 348 〔希薄なコミュニケーション〕:

« ラジオ・・・オンエア | トップページ | 師範日誌 74 〔暮れに向けて…〕 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ