フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« 院長日誌 346 〔写真の更新…〕 | トップページ | ラジオ・・・オンエア »

院長日誌 347 〔発芽玄米の話〕

さて、今回は発芽玄米の話を。

我々が毎日口にしている(であろう)お米。
秋になると田んぼ一面が黄金色に輝き、揺れる・・・収穫の時期だ。
刈り取った稲は籾(モミ)と呼ばれ、これを乾燥させて硬い籾殻を取り除いたものがお米=玄米である。
これをさらに精米し糠(ヌカ)層を取り除いていくと白米となっていく。
この途中の過程には三分づき・五分づき・七分づき・胚芽米があるが、実はこれら表面の削り取られてしまう部分に多くの栄養価が含まれているため、白米はこの栄養価を失ってしまったお米とも言えるのだ。
玄米と白米の栄養価の違いには目を見張るものがある。

☆エネルギー量
白米   168kcal
玄米   165kcal

☆タンパク質
白米   2.5g
玄米   2.8g       

☆カリウム
白米   29㎎
玄米   95㎎

☆リン
白米   34㎎
玄米   130㎎

☆ビタミンB1
白米   0.02㎎
玄米   0.16㎎

☆食物繊維
白米   0.3g
玄米   1.4g

これらの高い栄養価をわざわざ捨てて白米を食べているのは、実はもったいないのだ。
そしてこの玄米を発芽させることで、さらに健康への効果を発揮するのである。

発芽玄米で注目されるのが通称GABA(ギャバ)と言われる成分。
正式にはγ(ガンマ)-アミノ酪酸(γ-aminobutyric acid)で、特に哺乳動物の脳や脊髄に存在するアミノ酸の一種だ。
これは通常タンパク質を形成している約20種のアミノ酸とは異なるもので、体内では主に抑制系の神経伝達物質として働いている。
GABAは脳内の血流促進、酸素供給量の増加、脳代謝機能の促進などをし、興奮した神経を鎮めたり、血圧を下げ、中性脂肪の抑制、肝・腎機能の促進効果があることが分かっている。
そして発芽玄米には白米の約10倍、玄米の約3倍のGABAが含まれているのだ。
また、発芽玄米は白米に近い軟らかさなので、手軽に総合栄養食として食卓に並べることができる。
玄米が発芽しようとする生命エネルギー、言わば自然の恵みを頂いて健康を目指す、ということになるのである。

最近では玄米を発芽させてそのまま炊くことが出来る炊飯器まで発売されている。

便秘がちの方には効果が高いと思う。
ただし人によっては便通がゆるくなる場合があるから、無理のないように試していただきたいと思う。

« 院長日誌 346 〔写真の更新…〕 | トップページ | ラジオ・・・オンエア »

仕事」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美味しい!!」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/55818856

この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 347 〔発芽玄米の話〕:

« 院長日誌 346 〔写真の更新…〕 | トップページ | ラジオ・・・オンエア »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ