フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« また 近場ですが・・・ | トップページ | 鮨 »

院長日誌 330 〔子供は大人を見て育つ〕

さて、久しぶりの更新となってしまった当ブログ。

世間はお盆休みということもあって、出かける先々で親子連れを見かける。

当院においでになる産後のママさんとも時々話していることだが、子供たちは実に良く大人たち(特に親)を観察している。

乳児であれば、親の存在や声に反応し気配を感じ取っている。
幼児は親を含めて周りの大人たちの会話や顔色を良く聞いて感じ取っている。
例えば母子がお友達同士で遊んでいたとする。ママさんはママ同士話が弾み、子供は子供たち同士遊ぶ。
ママ同士が子供のことについて「うちの子はこれこれこうでホントに困るわ」といった苦言を話題にしている時、実は子供はしっかり聞いている。
この時は子供は都合が悪いので聴こえない振りをしているが、実際には耳はダンボになっているのだ。
逆に子供にとって楽しい話題(どこに遊びに行こうとか何食べようとか・・・)だとすかさず食いついてくる。
子供は素直だ。

大人と同じ様に、子供にとっても触れられたくない部分を開けっぴろげに公言されると嫌な気持ちになるもの。
子供の気持ちを汲み取ることは大切なのだ。

先日買い物に行って遭遇した光景。
母親がスーパーに入ろうとしたとき、子供が違う方向に行きかけた。
その母親はすかさず「そっちじゃねぇって言ってんだろう!!
背後からの罵声にこちらまで背筋が凍った。
昨今、やくざ言葉を吐き出す女性が増えた。
今は女性は女性らしく・・・という期待は通用しないのか?
子供はこういう環境で育つと、こういう大人になる。
言葉遣いから人間性が育まれる。
そうすると暴力的でキレやすい大人になってしまうのだ。

いじめ問題の渦中の大人たちも然りである。
常に隠蔽と逃げ腰、言い訳で責任を逃れようとしている。
子供たちのアンケートを公表する内容を、大人の都合で決めてしまった時点ですでに子供たちの心を裏切っていた。すでに大人たちは子供と真摯に向き合おうとする姿勢が欠落していたのである。
教育のプロであるはずの人間がそれだから、子供たちが人生の方向性を見出せないのも当然だろう。

子供たちを育て、社会に必要な人間としてその才能を開花させていくのはコンピューターではない。ゲームでもない。
子供たちだけのコミュニティでもない。
大人たちなのである。

生身の大人が真剣に人生に取り組む姿を、子供たちは望み、それを指標にして生き方を学んでいくのだと思う。
そのために不甲斐無い大人たちがしっかりしなければならない。

子供は大人を見て育つのである。

« また 近場ですが・・・ | トップページ | 鮨 »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 330 〔子供は大人を見て育つ〕:

« また 近場ですが・・・ | トップページ | 鮨 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ