フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 師範日誌 67 〔級位認定書〕 | トップページ | 院長日誌 318 〔美ママの必須条件!!〕 »

院長日誌 317 〔切なさと希望と決意と・・・〕

人生の歩みの中では時として様々な局面、様々な壁が現れそれを乗り越える心の強さを求められることがある。
それはあたかも嵐の中荒波に揉まれる一羽の水鳥の如く、飛ぼうと思えば風雨に阻まれ、高波に飲み込まれては息も絶え絶えになり、身を任せて耐えるしか無い時である。
しかしその嵐がいずれは去り、また青空と穏やかな水面が蘇ることを水鳥は知っている。
その時を待つ揺ぎ無い気持ちと希望があるかどうか・・・。

先日おいでになった患者さんは、尾骨の痛みを主訴とされていた。
座って後にもたれかかったり、仰向けに寝ているのがつらいという。

近々病気治療のため入院の予定で、その時にベッドに寝ていることが心配とのこと。

乳癌の手術で全摘らしい。
ということは腋下リンパ節にもopeは及ぶのだろう。
術後は抗がん剤治療をしていくらしい。

ちょうど出費がかさむ年頃の子供がいるママさんだ。

施術によって症状は軽減したが入院までの間経過観察である。

最初は少し緊張していて硬い表情だったが、話をしていくにつれ笑顔も見えるようになりいろいろと話していただいた。

おそらく癌が発覚した時は大変なショックだっただろうし、その気持ちを立て直して前へ進もうとする決意は並大抵のものではないはず。
でも、きっと回復するという希望と信念、そして治そうと思う決意は必ず身体に響くと信じる。
私は話をしていて、自分の方が勇気をもらった気がする。

順調な治療と回復、元気な姿を期待し、祈っている。

« 師範日誌 67 〔級位認定書〕 | トップページ | 院長日誌 318 〔美ママの必須条件!!〕 »

心と体」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 317 〔切なさと希望と決意と・・・〕:

« 師範日誌 67 〔級位認定書〕 | トップページ | 院長日誌 318 〔美ママの必須条件!!〕 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ