フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« ライヴの模様 | トップページ | 師範日誌 67 〔級位認定書〕 »

院長日誌 316 〔anan6月13日号〕

さて、当ブログでも時々取り上げているが骨盤の重要性について、今発売されている「anan6月13日号」に特集が組まれている。

骨盤の機能が全身に及ぼす影響は大きく、特に妊娠・出産で骨盤の状態の大きな変化を経験する女性にとっては非常に大切なテーマと言える。

骨盤をいい状態に保つことが美容と健康に重要な要素と言っても過言ではないのだ。

しかし現実にはあまり関心を持っていなかったり、子育ての忙しさを理由に後回しにしているケースは多い。
今は時間がないからそのうちに・・・と言って後から何とかなるものではない。

今の状態が10年後の自分をつくるのだ。

子育てがひと段落する10年~20年後に自分の身体をどうしていたいか?

それを決めるのは“今、あなた自身”なのである。
だから“今”何をするか、が大切なのである。

もし10年後も20年後も、さらにその先も良い体調でいたいなら、骨盤を良い状態に整えていくことを考えるべきだろう。

それほど二足歩行を獲得した人類にとっては骨盤は大切な器官なのである。

« ライヴの模様 | トップページ | 師範日誌 67 〔級位認定書〕 »

心と体」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 316 〔anan6月13日号〕:

« ライヴの模様 | トップページ | 師範日誌 67 〔級位認定書〕 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ