フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« 院長日誌 298 〔産後の腰痛〕 | トップページ | 師範日誌 62 [黙祷] »

院長日誌 299 [3.11に寄せて]

さて、3月11日。

東北地方を中心に広域を襲った大震災からまる1年だ。

先日YouTubeで、アップされているあの日の映像をいくつか観た。
自分自身のおさらいの意味も込めて、被災した方々が撮影した大津波の映像である。

自然の脅威が造り物ではなく現実として目の当たりにさせられるにつけ、どれだけの恐怖と無念と、儚さを感じられたか・・・計り知れない。

人類は様々な脅威や困難を乗り越えて長い年月をを引き継いできた。
心が折れても必ず立ち直り、立ちあがり、再び歩き出してきたのである。

震災で被害に遭われた方々は、まだまだ安心できる生活を取り戻すのに時間がかかると思われる。しかし、前を向いて一歩ずつ歩みを進めていこうとしている姿をテレビなどで垣間見ると、人びとの強さをひしひしと感じる。

翻って自分を見直してみるとどうだろうか。

この1年、自分自身のことで手いっぱいになっていて、復興に少しでも携わったのかどうか・・・。
募金をしたり、新浦安にお住まいの方に飲料水の支援をしたり・・・その程度で留まってしまった気がする。
もっとそれ以上にできることはなかったのか?

反省の念は尽きない。

現地ではこれからも復興の活動は続く。
亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りし、
改めて被災者の方々の心と身体が安心できる生活が早期に回復できるよう願い、
そして自ら何ができるのかを問い直していきたいと思う。

« 院長日誌 298 〔産後の腰痛〕 | トップページ | 師範日誌 62 [黙祷] »

アロマテラピー」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

フーレセラピー」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

回想録」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/54192861

この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 299 [3.11に寄せて]:

« 院長日誌 298 〔産後の腰痛〕 | トップページ | 師範日誌 62 [黙祷] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ