フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 288 〔医療者の認識不足〕 | トップページ | 移転のお知らせ(非常に重要です!!) »

院長日誌 289 〔インフルエンザと「舌みがき」〕

さて、今年もインフルエンザが流行っている。

流行り始めたのが遅めで(昨年暮れはマイコプラズマ肺炎が流行っていた)今年に入って拡がり始めたら、あっという間に大流行してしまった。
すでに学級閉鎖が数多くでているし、日本全国ほとんどの地域で警報が出ている。

今朝のテレビで言っていたが、今年流行のA香港型の効果的な薬が出て解熱作用が早いために、静養せず熱が下がったらすぐに登校してしまう児童が多かったことがウィルスをさらに拡散させてしまう要因のひとつとなったらしい。

熱が下がっても2日間はウィルスのキャリアであると認識して、外出は控えるべきであろう。
うつされないための対策も大切だが、拡散させない(うつさない)意識も重要なのである。

昨日久しぶりに来られた患者さんは、インフルエンザにかかって家族全員に順番にうつったらしい。この方は初めて感染したそうで、「あんなにつらいと思わなかった」と話していた。

予防対策に「舌みがき」も効果が期待できることをテレビで流していたが、実はこの「舌みがき」は私もここ10年毎日続けている。
おかげで風邪の症状が出ることはあっても悪化してしまうことはほとんどない。
だからこの10年仕事(整体院も武道の会も)を体調が原因で休んだことがないのだ。

この「舌みがき」、是非実践してみてほしい。

« 院長日誌 288 〔医療者の認識不足〕 | トップページ | 移転のお知らせ(非常に重要です!!) »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

フーレセラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 289 〔インフルエンザと「舌みがき」〕:

« 院長日誌 288 〔医療者の認識不足〕 | トップページ | 移転のお知らせ(非常に重要です!!) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ