フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 260 [マッサージ・・・強揉みは効くのか?] | トップページ | 院長日誌 262 〔トコちゃんベルトは正確に…〕 »

院長日誌 261 〔からだメンテナンスの必要性〕

さて、当院にはもうかれこれ10年近く通院していただいている患者さんが複数いる。

皆さん最初は何がしかの症状(腰が痛いとか首が痛いとか・・・)があって来院されたわけだが、その後ほぼ1ヶ月とか2ヶ月に1回程度定期的に来ていただいているのである。
そしてある程度のタームで身体全体のバランスを調整しているので、ひどい痛みが再発することもなく、重い症状に苦しむことも無い。
一定の良好な体調を保つことができているのだ。

カイロプラクティックは実は予防療法で、症状に対してだけ対処する対症療法ではない。
例えば腰痛で来院されれば、当然腰痛を改善するための調整をしていくが、その先にあるもの・・・を目指している。
それは腰痛を繰り返さない身体づくりであり、腰のみならず身体全体がバランス良く機能するように促していくことに他ならない。
身体全体がバランス良く機能していれば、筋骨格系に関わる症状だけでなく内臓系の疾患であっても予防できる可能性があるのだ。

つまり定期的な「からだメンテナンス」の機会を設けておくことは、患者さん自身の健康を維持していく上で大きく貢献できるということなのである。

症状が出てつらくなってからの来院だと、ある程度の回数を短期間で来ていただくことにもなるが、定期的に調整をしていれば結果的に回数が少なくて済む、という経済性もある。

「定期的からだメンテナンス」によって、充実した健康人生を歩んでいただきたい・・・これが私の願いである。

« 院長日誌 260 [マッサージ・・・強揉みは効くのか?] | トップページ | 院長日誌 262 〔トコちゃんベルトは正確に…〕 »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

フーレセラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 261 〔からだメンテナンスの必要性〕:

« 院長日誌 260 [マッサージ・・・強揉みは効くのか?] | トップページ | 院長日誌 262 〔トコちゃんベルトは正確に…〕 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ