フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 244 〔チャレンジ・ザ・ドリーム〕 | トップページ | 院長日誌 246 〔あんよかわゆし 8〕 »

院長日誌 245 〔骨盤の重要性〕

現代人は骨盤が弱い、不安定、歪みがあるといった人が増えている。

骨盤についての関心はここ最近骨盤ダイエットや骨盤回しなどのキーワードで高まってきた。
ただしその多くが美容的側面で捉えられているような印象がある。

じつは骨盤は人が二足歩行をする上で、なくてはならない場所である。

骨盤の後面にある仙腸関節は、この関節が機能しているから二本足でバランスよく立っていられるという重要な関節で、この機能が低下すると歩けなくなる。またまっすぐバランスよく立っていられなくなる。
立位でのバランスが保てないと全ての身体の機能に影響を及ぼすから、身体活動そのものが骨盤の状態に関わっているといっても過言ではないのだ。

では何故現代人は骨盤が弱いのか?

歩かないからである。

歩くために骨盤の適正な角度と機能が出来上がったのが進化の過程だったのだから、使わなければ退化する。

運動能力、腰痛、肩こり、首の痛み、頭痛、眩暈、女性であれば生理不順やPMS、産前産後なら尿漏れ、恥骨痛、子宮下垂、胃下垂、子宮頚管短小、子宮脱に至るまで、骨盤が関わる可能性のある症状や疾患は多岐にわたる。

これらを未然に防いだり改善していくには、骨盤のバランスを整えて丈夫にしていくしかないのである。

人が人らしく、健康に生きていくには骨盤を大切にすることが不可欠。

是非そういう観点で骨盤と向き合ってほしいと思う。

さて、あなたの骨盤は大丈夫だろうか??

« 院長日誌 244 〔チャレンジ・ザ・ドリーム〕 | トップページ | 院長日誌 246 〔あんよかわゆし 8〕 »

心と体」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

フーレセラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 245 〔骨盤の重要性〕:

« 院長日誌 244 〔チャレンジ・ザ・ドリーム〕 | トップページ | 院長日誌 246 〔あんよかわゆし 8〕 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ