フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 233 〔あんよかわゆし〕 | トップページ | 院長日誌 235 〔あんよかわゆし 2〕 »

院長日誌 234 〔幸せは形じゃない・・・感じるもの〕

さて、時々考えることがある。

「幸せって何だ?」

よく「幸せになるために・・・」とか「幸せな人生を送れるように・・・」とか聞くけれど、人の幸せって100人いたら100通りあるのではないだろうか。
例えば、お金に不自由しなければそれを幸せと感じる人がいるかもしれないが、逆に日々の生活がギリギリでも充分に幸せだという人もいるだろう。
趣味が充実していて幸せと言う人がいるかもしれないが、一方で特に趣味はないけれど仕事が充実していてそれが幸せという人もいるに違いない。

人の思いとは多様なもので、一般論や他者が言うことに左右されるものではない。
自分の思いにピュアに、忠実に生きていれば、自ずと充足感は得られる。

もちろん他者の言うことに耳を傾けることは必要だし、そこから新たな人生のヒントが得られる場合だって多々あるだろう。
しかしながら最後に決断するのは自分自身に他ならない。
自分で決定した道だから責任を持てるし、自信も持てるのだ。

もしかしたらそのプロセスこそが「幸せ」という事なんじゃないか。

「幸せ」とは「幸せ」というエリアに到達することじゃない。
人それぞれの思いの中にあるもの。
その感じ方が自分の中にある「幸せ」の感性を呼び起こすのではないだろうか。

幸せは形じゃない・・・感じるもの。

そう考えると、今この時を一歩一歩自分の判断と力で歩いていくことがどんなに大切なことか、改めて気がつくのである。

« 院長日誌 233 〔あんよかわゆし〕 | トップページ | 院長日誌 235 〔あんよかわゆし 2〕 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 234 〔幸せは形じゃない・・・感じるもの〕:

« 院長日誌 233 〔あんよかわゆし〕 | トップページ | 院長日誌 235 〔あんよかわゆし 2〕 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ