フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 228 〔新アロマセラピー スタート〕 | トップページ | 院長日誌 230 〔プロとしての治療家(施術家)〕 »

院長日誌 229 〔腰痛と食生活〕

さて、腰痛でおいでになる患者さんの中で特に1人暮らしの方には、普段の食生活を伺うことがある。

そうすると大抵は食事のバランスが良くない。

朝食は抜いていたり、コンビニの弁当だったり、あるいはパンだけだったり・・・。
骨格を形成するのも筋肉をつくっていくのも、血液や細胞液を維持していくのも、その根幹を成しているのは全て呼吸と摂取する食べ物である。
必要な栄養素が摂取されなければ関節の環境は悪化する。
必要な栄養素が摂取されなければ筋肉は弱化していく。

これでは腰の痛みは愚か、どの部位のどんな症状だって改善していくわけがない。

極端に栄養を考えて、いいものばかりを摂るという意味ではないのだ。
ただ、「野菜が足りないな」と思ったら野菜を食べるように心掛けること。
「骨をつくるものが足りていないな」と思ったらカルシウムやマグネシウムを含む食品を摂るように心掛けること。
「暴飲暴食が続いているな」と思ったら胃腸に優しい食事で身体を労わること。

ほんの少しの自分の身体への思いやりが、長持ちする心身をつくるのである。

痛めた身体を繰り返させないために、今一度食生活に意識を向けてほしいと思う。

« 院長日誌 228 〔新アロマセラピー スタート〕 | トップページ | 院長日誌 230 〔プロとしての治療家(施術家)〕 »

スポーツ」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 229 〔腰痛と食生活〕:

« 院長日誌 228 〔新アロマセラピー スタート〕 | トップページ | 院長日誌 230 〔プロとしての治療家(施術家)〕 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ