フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 希望と喜び (諸国安堵) | トップページ | 9月の受付カレンダー »

院長日誌 222 〔negative⇒positive〕

さて、人は誰でもネガティヴな思考(マイナス思考)に陥ることがある。

人生が思うようにいかないとき。
誰かに厳しい一言を告げられて凹んだ時。
身体の調子が悪い時。
心配事が頭を巡る時。
・・・・・・・

一度ネガティヴなサイクルにはまり込むと、いつまでも考えるようになり頭を巡り、なかなか抜け出せなくなる。
そうするといろんなことにやる気が起きず、気力が湧かず、さらに体調が崩れていく。

どんな人の生きる道でも厳しい局面や大きな壁にぶつかることはある。
多かれ少なかれ必ずある。
それを一歩ずつ乗り越えて進んでいくのが人生だ。

あなたが今、この瞬間あるいはすでに過ぎ去った過去をいつまでも見ていては、一歩が踏み出せない。

人はひとりで生きているわけではない。
周囲の人との関わりの中で生かされている。
誰かからとてもいい影響を受けることがある。
ためになる言葉をかけてもらうこともある。

その逆に、あなたの存在は少なからず誰かに影響を及ぼしている。

あなたの存在を誰かが必要としているのだ。
あなたがいないと困る人がどこかにいるはずなのだ。

だとすれば、その人のためにあなたは一歩を踏み出すべきだ。

いつまでも今、この瞬間と過去を省みてばかりではなく、次の瞬間、そして明日、さらに未来に向けて何をしたら良いか・・・迷わずに前を向いて歩き出すべきだ。

歩き出せば、それはすなわちポジティヴ思考に転換できているという事。

もうあなたの体調は大丈夫。

人は気持ちの持ち方で体調が良くも悪くもなる。

心身は表裏一体なのである。

心配事、悩み事があって運動や体操ができず、自分の身体を考えるゆとりが無くて腰の痛みが再発してしまった患者さんからもらった教訓である。

« 希望と喜び (諸国安堵) | トップページ | 9月の受付カレンダー »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

師範日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

アロマテラピー」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

カイロプラクティック」カテゴリの記事

整体」カテゴリの記事

フーレセラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 222 〔negative⇒positive〕:

« 希望と喜び (諸国安堵) | トップページ | 9月の受付カレンダー »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ