フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 163 〔早すぎる職業病〕 | トップページ | 院長日誌 165 〔10月のスケジュール〕 »

院長日誌 164 〔急患対応〕

さて、先日急に腰に痛みが走り、立てなくなったという妊婦さんから電話。
初めての方である。

その日は受付最終時間まで予約があったので、やむなくその後に来ていただいた。

急患の場合、状況によっては時間外でも診ることがある。

何とか布団から起き上がっておいでになったのだが、歩くのも辛く何かにつかまっていないと動けないほど。

いくつかの検査をして痛みの部位から見て、仙腸関節の不安定性から炎症を起こしていることは明白だった。

そして調整をし、自宅での身体の使い方の注意点を話し、体操を伝えて施術を終えた。

結果、帰りはほぼ普通に歩いてお帰りいただくこととなった。

患者さんに笑顔が戻った。

この瞬間が、治療家として一番嬉しいのだ。

1日いい仕事をした。

急な痛みなどは、とにかくすぐに相談して欲しい。
きっとQOL (Quality of Life=生活の質) を取り戻すのを早められるから。

« 院長日誌 163 〔早すぎる職業病〕 | トップページ | 院長日誌 165 〔10月のスケジュール〕 »

心と体」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

トコちゃんベルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 164 〔急患対応〕:

« 院長日誌 163 〔早すぎる職業病〕 | トップページ | 院長日誌 165 〔10月のスケジュール〕 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ