フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« ライヴ終了!! | トップページ | 8月のスケジュール »

院長日誌 152 〔産後うつ〕

さて、報道で日テレの女性アナウンサーの飛び降り自殺を知った。
5ケ月の子供を残して、自らの命を絶ったのである。

産後うつは誰でもなり得る事、その原因については多くの報道やサイトで語られているのでここで改めて記す必要も無いだろう。

出産後のママが「つらいな」「しんどいな」と思った時に、一番必要としているのは何か?

夫であると私は考えている。

互いに愛し合って、信じあって絆を深め、そして結ばれたのが夫婦。
子供の誕生はその証なのである。

物理的にはママは子供のことで手一杯になるだろう。
でも精神的な支えになるのは夫でしかない。

妻をできる限りサポートし、話を聴く。
妻は夫に対して、とりとめも無い話をするだけでもストレスの解消になる。
夫は余計な意見や不必要なアドバイスなどするのではなく、じっくり聴いて包み込んであげる。
それだけで妻は安心でき、孤独感を溢れさせないで済むのである。

世の夫君・・・
子供が生まれたらもう妻を母親としてばかり捉えるのではない。
生涯の伴侶として、最愛の女性として妻の存在を大切にして欲しい。

産後のママたち・・・
あなたの育児で至らないことは何もない。
あなたはすでに十分に頑張っているのだから。
だから夫や周りの人からもっと助けてもらっていいのだよ。

悲しい出来事が連鎖しないように、祈るばかりである。

« ライヴ終了!! | トップページ | 8月のスケジュール »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 152 〔産後うつ〕:

« ライヴ終了!! | トップページ | 8月のスケジュール »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ