フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • Bbefcfdbff04499f874c53302184e349
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 137 [妊婦・腰痛・急患] | トップページ | 院長日誌 139 [コンサートと咳払い] »

院長日誌 138 〔妊婦・臀部の激痛〕

さて、最近急激な痛みの悪化での来院が多い当院。

昨日も臀部の激痛でほとんど眠れず、何かにつかまりながらでないと歩けない、しかも痛みがある右側には体重をのせられないといった症状の妊婦さんがみえた。

この方は「トコちゃんベルト」を持っていたが、正しい位置に着けていなかったため思うような効果がでていなかった。

症状から、原因は明らかに骨盤の変位。

検査後、調整をして、さらに「トコちゃんベルト」の正しい着用法を指導。

別人のようにスタスタと歩いてお帰りになった。

「トコちゃんベルト」で骨盤の歪みは正せないが、調整をした後ベルトで支えておくことでほとんどの場合効果が期待できる。

ベルトを使っても効果が全く無いとか、悪化する、と言った場合は着用方法や着用位置が間違っている。もちろん歪みが大きい場合は調整を施さないと痛みの軽減や消失を見ないこともある。

つらい症状が出た時は、当院のような専門機関に相談することをおすすめする。

前述の妊婦さんのように、「トコちゃんベルト」に頼らずとも症状が改善し、ベルトを予防対策として使用できるのがベスト。

こういった経過で患者さんを診られるのは、治療家冥利に尽きる。

« 院長日誌 137 [妊婦・腰痛・急患] | トップページ | 院長日誌 139 [コンサートと咳払い] »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 138 〔妊婦・臀部の激痛〕:

« 院長日誌 137 [妊婦・腰痛・急患] | トップページ | 院長日誌 139 [コンサートと咳払い] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ