フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 136 〔母乳DE茶〕 | トップページ | 院長日誌 138 〔妊婦・臀部の激痛〕 »

院長日誌 137 [妊婦・腰痛・急患]

さて、時々急患の電話が鳴り、対応することがある。

場合によっては時間外でも受け付ける。

昨日も夕刻に電話が鳴り、たまたま最終の受付時間に変更があって対応することができた。

当院に到着した時はどこかにつかまらないと、歩くのもおぼつかない状況だった。

骨盤にしっかりとズレを確認。調整をして可動性を少しでも高めるようにしておいて、トコちゃんベルトで仙腸関節に対する面圧をかけるようにしてもらったら、支えなしで何とか歩けるようになった。

妊娠前は歩くようにしていたと言う。しかし‘つわり’がひどく、妊娠初期はほとんど出歩けなかったらしい。それで一気に骨盤が弱くなってしまったのかもしれない。

こういった例は非常に多い。

歩くこともままならなくなり、タクシーで目の前まで連れてきてもらったり、旦那さんやお母さんに肩を抱えられる様にしておいでになったり・・・。

痛みやつらさを乗り越えて、少しでも快適なお産をしていただく・・・私の役割のひとつである。できるだけ回復するように、それを願っている。

« 院長日誌 136 〔母乳DE茶〕 | トップページ | 院長日誌 138 〔妊婦・臀部の激痛〕 »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 137 [妊婦・腰痛・急患]:

« 院長日誌 136 〔母乳DE茶〕 | トップページ | 院長日誌 138 〔妊婦・臀部の激痛〕 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ