フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 院長日誌 120 [お産の神秘] | トップページ | 院長日誌 122 [寒さにご注意!!] »

院長日誌 121 〔中学生の腰痛〕

さて、患者数全体からすれば数は少ないが、中学生の腰痛は多い。

もちろんスポーツをやっていて痛めるケースはあるし、無理な運動をすれば過負担を強いられるわけだから、当然と言えば当然だ。

しかしそれ以外の原因もある。

今日通勤途中に前を歩いている中学生を見て、腰痛のひとつの原因を思い出した。

息子が中学生の頃、腰が痛いと言い出し、調べてみてわかったこと・・・バッグの持ち方なのである。

中学生はいわゆるスポーツバッグのようなスクールバッグを縦にして、リュックのように両肩に背負っていることが多い。あれは非常に危険だ。

バッグを縦にすると中の荷物は下に集まる。するとバッグの下の角はちょうど腰椎の部分にくさびを打つような形で前方への圧力をかける。この状態で、腰でバッグを支えるようにして歩くと、腰椎の前方すべりを惹き起こす力がかかってしまうのだ。

歩行時間が長ければ、ほぼ確実に腰痛となる。

また、このタイプのバッグは片方の肩にかけてもその重みを支えるために上体が斜めに傾いてしまう。これは脊柱の湾曲を惹き起こす。

成長期である子供たちの身体を健康に発育させるには、普段の生活の中で何気なく使っている身体の状態を、親が気にかけてあげるべきだろう。

スポーツバッグタイプのスクールバッグは、実はどう持っても身体には良くない。

そして大量の教科書やノートを通学で運ばせることも、子供の成長のためには考えるべきことなのだと思う。

子供の頃に痛めた腰は、大人になっても影響する。そんなことにならないために、子供たちの健康な未来のために大人が正しい認識のもと対処すべきなのである。

« 院長日誌 120 [お産の神秘] | トップページ | 院長日誌 122 [寒さにご注意!!] »

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
先日は、子ども服をたくさん、どうもありがとうございました早速着させています本当に助かりました
腰の方は、痛みはなくなりましたが、抱っこやおんぶをすると、再び嫌な感じがしますまた20日によろしくお願いします

 記事へのコメントではなく、すいません

中2です。
実は私もイマ腰痛です(;;;´Д`)
通学に使っているのゎリュックですが
冬休みに突入!とぃぅことで教科書パンパンッ。
ツライです(;ω;)
デモこれを読んで良かったです♫

(ρ_;)私は中1なのですが
小5のときから腰が痛くて、
整形外科にも行ったのですが・・・・
まともに相手をしてもらえませんでした(ρ_;)

親もよく、わかってくれないし・・・

悲しい現状です(ノ_-。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 121 〔中学生の腰痛〕:

« 院長日誌 120 [お産の神秘] | トップページ | 院長日誌 122 [寒さにご注意!!] »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ