フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 2月のお休みのお知らせ | トップページ | 院長日誌 121 〔中学生の腰痛〕 »

院長日誌 120 [お産の神秘]

さて当院では、妊婦さんや産後のママさんの来院が非常に多いのだが。

妊娠前から診ていて、妊娠し、その経過も診ていて、そして産後は子連れで診ている・・・

そんな患者さんもいる。

ありがたいことである。

いつも不思議な感覚になるのだが、その人の人生の流れに共に携わっているのだということ。

妊娠してお腹が大きくなっていく・・・当然のことなのだが、その経過を見ているとまさに生命の神秘としか言いようがない。人がママのお腹の中で誕生し、そして産まれ、育っていく。

女性にしかできない幸せへのプロセスなのだ。

私も、そして世の男性も、何びとも、全ての人が女性から産まれた。

その事実がある以上、女性をもっと尊ぶべきなのだと思う。

つい先ほど、出産に関するテレビ番組を見た。

いつ、何度見ても感動である。

妊婦さんや産後のママさんに関わることが多い私としては、こういった映像や話題はより身近なものという気がするのだ。

だからこそ妊娠中の腰や骨盤由来の痛み、産後の痛みを何とかしたい、という思いが一層強くなるのだろう。

妊娠中であれば、余計な痛みに翻弄されずお産に向き合えるように。

産後であれば楽しく幸せな育児ができるように。

私はできる限りの尽力をしていきたい、と改めて思った。

« 2月のお休みのお知らせ | トップページ | 院長日誌 121 〔中学生の腰痛〕 »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 120 [お産の神秘]:

« 2月のお休みのお知らせ | トップページ | 院長日誌 121 〔中学生の腰痛〕 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ