フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2015.12.11 四ツ谷DOPPO 「ミキコ」ライヴ
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

Facebook Twitter

« 1月のお休みのお知らせ | トップページ | 院長日誌 118 [スポーツで痛める] »

師範日誌31 〔祝・成人〕

成人式を1日過ぎたが新成人の方々、おめでとう。

これまでは親の保護下で育ってきた諸君は、いよいよこれからは自己責任の下生きていかなければならない年齢に達した。ある意味、自分の自由と思う者もいるかもしれない。

“自由” と “勝手” は違う。

世の中には“勝手”な大人が多い。

給食費を払わない。

税金を払わない。

ゴミをポイ捨てする。

人を騙す。

人の命を奪う・・・。

“自由”とは多くの人の集まりである社会の中で、一定のルールに基づいて謳歌できる権利であって、人の迷惑を顧みず好きなことをすることではない。それを認識した上で、人生を楽しんでほしい。

社会の一員になると、自ずと責任を負うことにもなる。

その責任とは行き着くところ“人の役に立つかどうか”である。

人は他の人のために生きている。それが巡り巡って自然と自分のためにもなるのだ。

自分の存在価値は他人が決める。その存在価値を高めるために自己を切磋琢磨させるのである。努力を怠ってはいけない。

それぞれの人間が必ずこの世に生を受けた意味がある。役割が必ずある。

それを全うすることが、いわば人生のミッションなのだ。

人生のミッションを自己掌握し、果たすために頑張ってほしい。

人に優しくあってほしい。

人には様々な立場や状況があることを理解できる人間になってほしい。

そして社会の中での大切な一員であり続けてほしい。

大人の立場の私から、諸君にエールを送りたい。

これからの社会を担っていくのは君達に他ならないから・・・。

« 1月のお休みのお知らせ | トップページ | 院長日誌 118 [スポーツで痛める] »

師範日誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507459/47274572

この記事へのトラックバック一覧です: 師範日誌31 〔祝・成人〕:

« 1月のお休みのお知らせ | トップページ | 院長日誌 118 [スポーツで痛める] »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ