フォト

リンク集

あんよギャラリー

  • あと6日で2ヶ月・・・
    当院に来院される方にはお子様連れが多いのです。 特に掴まり立ち前の赤ちゃんの足は“ぷよぷよっ”としていて、とっても可愛いですね。 そんな可愛い赤ちゃんたちの「あんよ」の写真集です。

院長's

  • Pct139_2
    本業はカイロプラクターです。

師範's

  • 葛西稽古場 秦直子指導員
    日本健康武道協会代表  健康武道 健進会 師範です。

Musician's

  • 2018.4.21  おきあがりこぼし芸術祭
    院長、師範の業務の傍ら、音楽活動をしています。

他のアカウント

« 心身ともに充実している・・・ | トップページ | 驚くほどに・・・グルーヴし始めている »

院長日誌 105 〔産後・・・あきらめない!!〕

といっても、ママさんの体型回復の話だ。

当院に来院される患者さんは妊婦さんはもちろん、産後のママさんも非常に多いのだが、やはりどなたであれ、「産後のお腹を戻したい」「下半身太りになりたくない」という希望はお持ちだ。

私も当然のことながら「しっかり戻しましょう」と伝えるのだが、順調に回復する方と、思うにままならない方と・・・いらっしゃる。

何が違うのか? 

言ってしまえば妊娠前までの身体の使い方。この影響は大きい。

妊娠前によく体を動かす習慣 (運動や体操) があった人は、回復も順調に進みやすい。逆にほとんど運動の習慣が無かった人は、回復に時間がかかったり戻りが悪かったりする。身体を動かす習慣は、子供の頃からの生活習慣に依存する所があるので、つまりは子供の頃から身体づくりをしっかりしている人は、妊娠中も産後も順調に経過するということになる。

では、あまり運動していない人はあきらめなければならないのか・・・否、そうではない。

骨盤をしっかり戻すには骨盤底筋の回復が不可欠だ。

骨盤底筋は、子宮を正常な位置に支え、膀胱の機能を維持する。そしてそれは腸や胃の正常な働きにもつながるのだ。

骨盤底筋を回復させるには産褥体操が必須。

ところが意外にこれをやっていない人が多い。子育てで忙しくて・・・なんて言っている場合ではないのだが。体操はまとめてやろうと考えず、1回でもいいからこまめにおこなう。1日トータルでどの程度働きかけをしているか、と考えるべきだ。

これを産後1週間くらいから2カ月程度続ける。

これによって骨盤が安定してきたら、次は腹筋の強化をしていく。(腹筋の仕方は次回に)

だらけてくたびれたママより、凛として姿勢バランスが素敵なママの方が、子供は好きだ。もちろんパパも。ママが活き活きしていて子供に接していれば、子供は素直に育つ。子供が素直に育てば、人から慕われ、必要とされる立派な大人になる。こういう大人が未来の日本を支えていくのだ。

つまり産褥体操は明日の日本を救うのである。

だから産後のママさん・・・あきらめないでほしい。

« 心身ともに充実している・・・ | トップページ | 驚くほどに・・・グルーヴし始めている »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

院長日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 院長日誌 105 〔産後・・・あきらめない!!〕:

« 心身ともに充実している・・・ | トップページ | 驚くほどに・・・グルーヴし始めている »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ